【MEO対策】上位化のポイントやメリットを一挙紹介

7a8733e2aaa3cc5e966e21755bc59ea1a710a057
MEO対策

公開日:2021年9月24日/更新日:2021年12月28日

実店舗でビジネスを行っている方であれば、MEO業者からの営業電話を受けたことがある方も多いのではないでしょうか。

コロナウイルスの感染拡大から約2年が経過し、ワクチン接種先進国となった日本では、経済活動再開の取り組みが加速しています。今回はアフターコロナで重要となるMEO対策について解説していきます。

MEO対策という言葉を耳にしたことがあっても、「具体的に何をするのか」「本当に効果があるのか」「どのような施策なのかよくわからない」というWeb担当者は意外に多いでしょう。

MEO対策はインターネット上から集客できる手段の一つとして近年注目されている、マップ検索結果を活用した集客手法です。まとめてMEOの基礎が学べる内容になっていますので、店舗・企業に限らず自分のビジネスを持っている方はぜひ参考にしてください。

MEOとは

MEOとは、Map Engine Optimizationの頭文字を取った言葉で、日本ではマップエンジン最適化やローカルSEOとも呼ばれています。

Googleマップを中心とした地図アプリ上で、店舗や企業の情報を上位表示させる施策のことを指し、上位表示できれば集客につながります。

MEOとSEOの違いとは

MEO対策を理解するためには、SEO対策についても知っておく必要があります。

SEOMEO
目的検索エンジン上での上位表示Googleマップ上での上位表示
ローカル検索における検索エンジン上での上位表示
対象Webサイトやブログ店舗や企業などの情報(ビジネスリスティング)
成果Webサイトやブログへのアクセス店舗や企業への来店・来社、問合せなど
効果が表れるまでの速度最低でも半年~1年最低で1週間程度の場合も

SEOが検索エンジンでWebサイトやブログを上位表示してWebサイトへのアクセスを増やすための施策なのに対して、MEOはGoogleマップや検索エンジン上で店舗や企業などの情報を上位表示して、来店や来社を促すための施策です。

また効果が表れるまでの速度の違いは、コストにも影響します。本格的なSEO対策になると月額20万円~50万円程度が相場です。MEO対策は月額数万円で実施でき、費用面からも導入しやすいのが特徴です。

MEO対策のメリット・デメリット

効果が表れるまでの早さや施策費用の安さなど、SEO対策と比較して良い点をあげてきましたが、MEO対策単体で見たメリット、デメリットはなんなのでしょうか。

MEO対策のメリット

1.SEO対策よりも難易度が低い

SEOもMEOもGoogle上での露出を増やすための施策ですが、現状ではMEOの方が簡単でしょう。

SEOMEO
競合日本全国の、同じキーワードを狙っている人たち同じ商圏内の、同じキーワードを狙っている人たち
アルゴリズム変動頻繁(毎週や毎月あるレベル)ほとんどない

SEO対策を実施している企業の担当者であれば、分かっていると思いますがSEOは求められるレベルが上がっており、上位表示されるまで時間がかかります。SEOでは、ビックキーワードでの上位表示を大手が既に独占しており、競合性の高さから、新規参入は難しい場合があります。
その点でMEOの施策対象は、ターゲット地域に所在する店舗のみとなるため、SEOに比べ競合性も低く、他社より先に対応することで検索上位を狙いやすい状況です。
特に飲食や美容など、実店舗を持つ業界に有用です。

2.確度の高い見込み客にリーチできる

検索キーワードにもよりますが、Googleの検索結果で通常のWebサイトなどを差し置いて上位に表示される場合があります。

「地域名+業種(例:レストラン)」で検索すると、このように表示されます。地域名を入れなくても、位置情報をオンにした状態で「レストラン」と検索するとGoogleビジネスプロフィールの情報が上位表示されます。(※2021年11月4日、GoogleマイビジネスはGoogleビジネスプロフィールへと名称が変更されました。)

MEOとは

画像:Googleで「難波 レストラン」と検索した結果。通常の検索結果より上部に、目立つ形でGoogleビジネスプロフィールの情報が掲載されている。

「地域名+キーワード」で検索するユーザーは、来店までを考慮した購買意欲の高い見込み客です
また、上記のような来店の可能性が高いユーザーには、Googleマップのローカル検索広告を利用してお店を宣伝することもできます。

■関連記事
店舗ビジネス必見!ローカル検索広告とは~Googleマップから実店舗へ集客する方法

3.検索だけでなくGoogleマップからも集客できる

Googleビジネスプロフィールに登録した情報は、Google検索だけでなくGoogleマップにも表示されるため、両方からの集客が見込めます。Googleマップには便利な機能がたくさんあり、多くのユーザーが利用しているため、マップからの集客を狙う重要性は今後も増していくでしょう。

4.登録しておくだけでも効果がある

Googleビジネスプロフィールに登録して、店舗や企業情報をある程度整備しておくだけでも、未登録の店舗よりGoogleからの評価が高まります。何も情報が掲載されていない店舗よりも、きちんとした情報が整備されている店舗の方が、行ってみようという気になりませんか?

まずは登録して、店舗の商品などを投稿するところまでやっておきましょう。

 

MEO対策のデメリット

1.ネガティブイメージをつけられる可能性がある

人気店が検索上位に表示されてくると、口コミにネガティブなイメージを書き込まれるケースも増えています。競合が戦略としてネガティブキャンペーンを行うこともあるため、対策が必要です。

2.MEO対策の対象となる業界が限定的

MEO対策はGoogleマップを中心とした地図アプリの検索結果を活用して、実店舗への来店を獲得するための施策です。実店舗がない場合は、そもそも施策ができません。

3.上位表示数に制限がある

検索結果に上位表示されるものは3位までです。上位表示化されていないと効果を得られないので、しっかりと対策を行わなければあまり意味のないものになってしまいます。

MEO対策でやるべき4つのこと

①Googleビジネスプロフィールに登録する

MEO対策はGoogleビジネスプロフィールを土台とします。まずはGoogleビジネスプロフィールに登録してください。

Googleビジネスプロフィールページは来店を目的とした問い合わせや予約を獲得しやすい構造となっているため、確度の高いユーザーとのタッチポイントを増やすことに繋がります。

Googleビジネスプロフィールに登録する情報は以下の通りです。
最も重要な項目はオーナー確認です。オーナー確認を済ませないと、Googleからの信用が低くなり上位表示されません。必ず行ってください。

  1. 現在行っているビジネス名の入力
  2. カテゴリーを選択
  3. オフィス・実店舗の有無
  4. 会社の住所を入力
  5. Googleビジネスプロフィールの確認
  6. 所在地をGoogleマップ上で指定する
  7. 他店舗の有無
  8. ユーザーとのタッチポイントを選択する
  9. 最新情報の入手の選択
  10. オーナー確認の方法選択

さらに、Googleビジネスプロフィールでは、簡単なWebサイトを作ることもできるのでサイトを所有していない方は活用してみてください。

②良い口コミを集める

購買行動の後押しに重要とされているのが口コミです。Googleは第三者からの意見を重く評価しているので、MEO対策では口コミ対策を忘れずに行ってください。

2020年、マイボイスコム株式会社が行ったネット上の口コミ情報に関する調査では、以下のような結果が出ています。

2020年度の調査結果で”ネット上の口コミ情報を参考にする”と答えた方は55.7%もおり、半数以上が口コミを参考にしていることがわかります。モノや情報が溢れている現在、口コミは重要な指標の一つです。

口コミ対策の具体的な方法は、いただいたコメントに返信するだけです。良い口コミ、悪い口コミに限らず、どんなコメントにも返信してください。良い口コミを集める近道はありません。
コメントをもとに、コツコツと顧客満足度の向上に努めることが大切です。

③Googleビジネスプロフィールを充実させる

Googleビジネスプロフィールには、投稿、情報、メニュー、料理写真、建物写真など色々な項目があります。全てを埋める必要はありませんが、ユーザーにとって必要な情報は必ず準備してください。飲食店であれば、料理や店内のイメージが伝わる画像を多めにするといいでしょう。

また、検索キーワードを意識することで、キーワードとの関連性が高くなり検索上位に表示されやすくなります。

■関連記事
【Google広告キーワードプランナー】効果的な使い方

④サイテーションを増やす

Googleマップ上の表示順位を決定する際、”店舗や企業の知名度が重要視される”と公式ガイドラインに記載されています。

視認性の高さとは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、ローカル検索結果のランキングにはこうした情報が加味されます。たとえば、有名な博物館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

引用:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する

つまりGoogleから”知名度が高い”と判断されれば、上位表示されやすいということです。

“知名度が高い企業である”とGoogleから評価されるためには、”サイテーション”が必要です。サイテーションとは引用という意味で、SNSなどで自社について言及されることを指します。

  • 会社名
  • サイト名
  • サービス名
  • 住所
  • 電話番号
  • テキストURL(aタグを使用していないテキスト)

これらの情報を多くのユーザーに引用・言及してもらうことで、MEO効果が高まり上位表示されやすくなります。

サイテーションを増やす簡単な方法は、SNSでの情報発信です。自社の情報をSNSで発信し、認知が広がれば、自社について言及される可能性は高まります。地道な手法にはなりますが、コツコツと情報を発信していき、店舗や企業の認知を高めることが上位表示への第一歩です。

サイテーションについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

▶ SNSにSEO効果はあるのか【サイテーションとソーシャルシグナル】

MEO対策の今後

MEO対策の今後を予測するために、株式会社エフェクチュアルが行った地図アプリの利用に関する調査を見てみましょう。

2019年度の調査でも対象者の8割がGoogleマップを利用していましたが、約2年間で約9割にまで成長しています。他の地図アプリと大きな差があり、地図アプリといえばGoogleマップと認識されていると推測できます。

さらに経路検索以外の用途として、約5割が店舗情報の確認のために利用していることがわかります。地図アプリからウェブサイトを閲覧したり、写真や口コミを見るユーザーも増加しており、地図アプリに求めるものが変化しつつあるといえるでしょう。

ユーザーニーズやデバイスの進歩にいち早く対応するInstagramが、2021年6月に地図検索機能を導入したことを考えると、スマートフォンを使用して店舗情報を検索するユーザーが増加していると推測できます。まだMEOに取り組んでいない方は、なるべく早めに対策をはじめることがおすすめです。

まとめ

MEO対策は検索エンジンやGoogleマップ上で、自社の情報を上位表示させるための手法です。

SEO対策と間違えられやすいMEOですが、MEOはGoogleマップなどの地図アプリ上で上位表示させる施策のことを指しています。SEOとは対応範囲が異なることを覚えておきましょう。

MEO対策はGoogleビジネスプロフィールに登録しているだけで、一定の効果を見込める施策です。緊急事態宣言が解除され、経済活動が再開された今、多くの企業が取り組み始めると推測されているため、競合が参入する前に、対策をはじめておくことをおすすめします。