10年顧客を生み続けるかも?アクセス数が持続する記事の書き方

7a8733e2aaa3cc5e966e21755bc59ea1a710a057
10年顧客を生み続けるかも?アクセス数が持続する記事の書き方

コンテンツマーケティングを成功させるためには、トレンドを重視したテーマ記事を定期的に投稿するのは方法の1つです。しかしながらトレンドはいつまでも続くものではなく、必ず終わりが来てしまいます。つまりトレンド記事は瞬発力があるが、持続力はないと言えます。

コンテンツマーケティングを成功させたいのなら、一過性のトレンド記事だけではなく長きに渡ってアクセス数を獲得してくれる長寿記事にもしっかりと目を向けていくことが大切です。

そこで今回は「アクセス数が持続する記事の書き方」について紹介いたします。

法則さえ押さえておけば、あなたも10年顧客を生み続ける記事を書くことができるはずです。ぜひ、参考にしてみてください。

「長寿記事」がコンテンツマーケティング成功の鍵

コンテンツマーケティングを成功させたいと、お考えのみなさん。そのために1番大切にしていること、重視していることは何でしょうか?
https://mag.ibis.gs/blog/wp-admin/tools.php
このような質問をすると、必ず「記事の更新頻度」という答えが出てきます。

ここで、1つお伝えしたいことがあります。

それはコンテンツマーケティングを成功とはアクセス数の持続であり、そのために重視すべきことは記事の更新頻度ではなく記事の質だということです。

記事の更新を優先するばかりに、適当に書き上げた完成度の低い記事を連投していませんか?

記事の更新頻度は決して多いとは言えなくても長きに渡って人々が必要とする情報が網羅されている記事を生み出す方が、コンテンツマーケティングにおいて価値が高いことを知っておくべきです。

人々に継続して読まれる記事、長期的にアクセス数を獲得できる記事、いわゆる「長寿記事」がコンテンツマーケティング成功の鍵と言えるでしょう。

長寿記事を書く方法

では、コンテンツマーケティングの成功の鍵とされる「長寿記事」を書くにはどのようなことを意識していけば良いのでしょうか?

以下の5つのポイントにまとめてみました。

話題性より普遍性

長寿記事とはトレンドが変化しても、時代に流されることなく必要とされる情報が掲載されている記事のことです。

爆発的にアクセス数が増える可能性は少ないけれども、普遍性があるため時代が変わっても長期的にアクセス数を稼ぐことができるのです。

「話題性よりも普遍性」を重視しているので、ユーザーが分からないことを調べる時に役立つHow to記事や用語集、必要なものチェックリストなどがテーマとしてはおすすめです。

分からないことや気になることが出てきたときに、検索をするだけで手順や言葉の意味が分かるのは、とても便利です。

普遍性を重視した長寿記事は膨大な情報量を詰め込む必要はなく、画像やリンクなどを活用しながら簡潔で分かりやすい文章を意識して作成していきましょう。

真似できない独自性

誰でも書けるような記事、いわゆる独自性のない記事は、継続してアクセスを獲得することが出来ません。独自性がない記事はすぐに同じような記事が出てきてしまうので、10年間も読み続けられるような長寿記事なるのはとても難しいことです。

裏を返せば「独自性の強い、他には真似できない記事」を投稿することが、その記事の寿命を延ばす方法ということなのです。

例えば比較記事を書くときにはただ比較するだけではなく、独自の法則や特徴を見出してそれについても深く掘り下げていく努力が必要となります。

その努力こそが、記事を長生きさせるためには必要不可欠なエッセンスとなるのです。

ピラーページを重視する

ピラーページという言葉をご存知ですか?

分かりやすく言えばピラーページはトピックに関する内容をまんべんなくカバーしていて、そこに別記事のリンクを貼り付けることで色んな角度から掘り下げていくことができるページのことです。

アクセス数が持続する長寿記事を書きたいのなら、ピラーページを意識しておく必要があります。

主となるテーマに関する疑問点をやんわりと解決しつつも、詳しいことはリンクを付けた別記事で紹介していくというスタイルなので、ユーザーは「自分が深掘りしたい記事を選ぶこと」ができるようになります。

具体的な例を挙げて、説明していきます。

ピラーページを作成するときには、主となるテーマを設定する必要がありますが、広すぎず狭すぎないテーマがおすすめです。

例えば「インターネット」だとあまりにテーマが大きすぎて、ピラーページを作り切れませんが「インターネットマーケティング」や「インターネットコンテンツ」だと、だいぶ絞れてくるのでテーマとしてはふさわしいと言えます。

「インターネットマーケティング」で検索をユーザーがピラーページに入ってきて、そこにリンクされているもっと掘り下げた記事を確認していく流れになります。

通常記事よりもコンテンツ制作に時間はかかりますが、ピラーページを作ることによってユーザーの満足度は高まりやすくなります

SEOを無視したテーマ選定

長寿記事を書く方法の4つめは、「SEOを無視したテーマ設定をすること」です。

ふと、逆ではないか?と感じた人も少なくないでしょう。

ある程度のアクセス数を確保したいのであれば、SEOワードを意識するのはごく当たり前のことです。

しかしながら、10年顧客を生み続ける長寿記事の場合は異なります。

最初からSEOを意識してしまうと、記事内容が無意識のうちに他と同じようになってしまったり、また後から同じような記事が出てきてしまうので、結果長寿記事にはならなくなってしまいます。

そこで長寿記事を書くと決めたのであれば、「SEOを無視したテーマ選定」をしていくことをおすすめします。

定期的な情報更新

長寿記事は自然にそうなるというよりは、自分で作り上げるものです。

良くあることですがユーザーがたどり着いたときに情報が何年も前のもののままでは、すぐに離れていってしまいます。長く読まれる記事になるためには、定期的に情報更新を行って内容の最新化を進めることが大切です。

最新情報を追加・更新することが、アクセスを持続させて長寿記事にするための大きなポイントとなるのです。

エバーグリーンコンテンツを生み出そう

最後にご紹介したいのが、エバーグリーンコンテンツです。

これは一時的にヒットするようなバズコンテンツは真逆で、大きくヒットはしないけれども常にニーズが存在して安定したアクセスを集められる記事のことです。トレンドに流されないエバーグリーンコンテンツを強化すれば、自然とサイトの土台が出来上がりますし、1記事1記事が長寿記事になるのです。

アクセスを集めるためにバズる記事を多数更新していくには、敏感さと文章力、高いトレンド力が必要となります。バズる記事は一時的にユーザーを確保できても、トレンドが過ぎてしまえばユーザーを集めることは難しくなります。

エバーグリーンコンテンツは1度書き上げてしまえば、新情報追加などの手間をかけることなく運用できるのが最大の魅力です。

まとめ アクセス数が持続する長寿記事を書こう

今回はアクセス数が長期的に安定している「長寿記事」「エバーグリーンコンテンツ」についてお話をしました。

コンテンツマーケティングを成功させたいのなら、更新頻度やバズる記事など目の前のことだけで頭の中をいっぱいにせず、安定した記事を生み出すことにも目を向けて下さい。

長きに渡って人々が必要とする情報が網羅されている記事、いわゆる長寿記事はとても価値が高く、サイトの土台を作り上げてくれる大切な存在であることは間違いありません。

この記事では長寿記事の書き方のポイントもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。