【ウェビナーレポート】Google広告で最大限の成果を得る”検索+ディスプレイの戦略”

99ef1ce9b54971dca4cbd5e674eb138fb353cc4d
【ウェビナーレポート】Google広告で最大限の成果を得る”検索+ディスプレイの戦略”

弊社で定期的に開催している広告・マーケティング関連セミナー。2020年5月27日は「Google広告で最大限の成果を得る”検索+ディスプレイの戦略”」というテーマで開催しました。
Web広告への投資量は年々増えており、ついにテレビCMに追い越しました。その中でもGoogle広告はWeb広告業界をリードする存在として、多くの広告主が利用しています。

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、通常弊社オフィスで開催しているセミナーですが、今回はZOOMを使ったウェビナー形式で開催しました。

タイトル Google広告で最大限の成果を得る”検索+ディスプレイの戦略”
主催 株式会社アイビス
開催場所 ウェビナー
講師 安居(広告プランナー)
テーマ 最も主要なWeb広告である「Google広告」において、成果を最大化するための基本戦略“検索+ディスプレイ”の活用方法を学ぶ
内容 1.Google広告基礎知識
2.検索+ディスプレイが重要な理由
3.事例①「購買意向の強いユーザー層」
4.事例②「リマーケティング」
5.事例③「最終成果を運用に反映」
6.事例④「カスタムアフィニティカテゴリ」
7.事例⑤「レスポンシブディスプレイ広告」
8.総括-これからのWeb広告

”検索+ディスプレイの戦略”ウェビナーレポート

画像:ウェビナー風景-「これからのディスプレイ広告は“検索+ディスプレイ”へ」というテーマで始めた当ウェビナー。全国各地から多様な業種の広告主様に参加いただきました。

画像:ウェビナー風景-「これからのディスプレイ広告は“検索+ディスプレイ”へ」というテーマで始めた当ウェビナー。全国各地から多様な業種の広告主様に参加いただきました。

画像:当ウェビナーは1つの事例に対し1つの戦略を紹介する形式。費用対効果を大幅に改善した5つの事例をもとに、それぞれカギとなった運用戦略を紹介しました。

画像:当ウェビナーは1つの事例に対し1つの戦略を紹介する形式。費用対効果を大幅に改善した5つの事例をもとに、それぞれカギとなった運用戦略を紹介しました。

Google広告では、検索広告、ディスプレイ広告の他に、YouTube等に掲載される動画広告、ショッピング広告、アプリ広告等、様々な広告施策を実施することが可能です。
その中でも、今回のウェビナーは「検索広告」と「ディスプレイ広告」に特化しました。この2つが、Web広告の基本で、最も柔軟・戦略的に運用でき、費用対効果を期待できるからです。

画像:Google広告基礎知識では、キャンペーンタイプなど運用に欠かせない概念を紹介

画像:Google広告基礎知識では、キャンペーンタイプなど運用に欠かせない概念を紹介

ウェビナーではまず、Google広告の基礎知識として「キャンペーンタイプ」「課金体系とオークション制度」「入札戦略と自動化」「ターゲティング」の4つを紹介しました。
どれもGoogle広告を掲載するうえで、必須となる項目です。これらを正しく知り活用するだけで、Google広告の運用レベルが上がります。これらを正しく活用したうえで、どういった運用戦略で運用するかが成果を左右するため、Google広告運用前に必ず理解しておきましょう。

画像:ウェビナーでは5つの事例を紹介。1つ目の事例はCPA(コンバージョン1件当たりの広告費)を80%以上も改善できた事例を紹介。

画像:ウェビナーでは5つの事例を紹介。1つ目の事例はCPA(コンバージョン1件当たりの広告費)を80%以上も改善できた事例を紹介。

画像:各事例に対して、どういった戦略をとったのか、実際の管理画面で実演

画像:各事例に対して、どういった戦略をとったのか、実際の管理画面で実演

今回のウェビナーが、他の運用ノウハウセミナーと違う点は、すべて実数値をもとにした解説で、それぞれ実際の管理画面を用いてデモンストレーションを行った点です。
一つ目の事例では、費用対効果を80%も改善し、同じ広告費で5倍もの成果を獲得した事例を紹介しました。実際にその際に使った「購買意向の強いユーザー層」というオーディエンスターゲティングの機能について、管理画面上で設定方法をデモンストレーションしました。

また、それぞれの項目について、詳しく紹介するTips集も用意しました。

運用実務で役立つ「Google広告Tips集」と「ウェビナーQ&A集」

画像:Google広告Tips集-Google広告の運用でよくある疑問23個を解決

画像:Google広告Tips集-Google広告の運用でよくある疑問23個を解決

画像:ウェビナーQ&A集-ウェビナーでいただいた質問に広告運用のプロが回答した資料

画像:ウェビナーQ&A集-ウェビナーでいただいた質問に広告運用のプロが回答した資料

弊社ウェビナーでは、参加者が実際の広告運用実務で、自身の課題を解決し、広告成果を伸ばせるよう「Google広告Tips集」と「ウェビナーQ&A集」の2つの資料を用意しました。
Google広告Tips集は、Google広告の運用によくある疑問23個に応えるもので、「広告表示オプションとは?」や「購買意向が強いと判断される定義は?」、「運用改善のペースはどれくらい?」など運用初期にぶつかる様々な疑問にお答えするものです。
ウェビナーQ&A集は、今回のウェビナー中に参加者の方から寄せられた質問に広告運用のプロが回答したものです。今回のウェビナーでは、Google広告のグループ分けについて、予算による運用戦略の違いなど、様々な質問をいただきました。そうしたものにお応えすることで、広告運用改善にお役立ちできればと思います。

次回ウェビナーは「動画マーケティング」

ウェビナー開催は今回で2回目となり、1回目の「Web広告手法の選び方」に続いて、2回とも定員を超え、多くの広告主様、Web担当者様に参加していただきました。
ウェビナーを実際に開催してみて、G&Aや投票等の機能をうまく使うことで、会場で行うセミナーと同程度のコミュニケーションが図れることが分かりました。参加者にとっては、会場に集まる必要がなく、どこからでも参加できるので、非常にメリットが大きいと考えています。
緊急事態宣言が解除され、通常のセミナー開催も始まっていますが、弊社では当分ウェビナーという形で、学びを提供していこうと思います。

次回ウェビナーは2020年6月25日に「”売り上げを創る”動画マーケティングの鉄則」というテーマで開催します。ウェビナーも動画マーケティングの一つと考えられますが、動画マーケティングの必要性は急速に増しています。動画マーケティングを売り上げに繋げるための具体的な方法が学べるので、ぜひご参加ください。

ウェビナーで大活躍! 「Google広告Tips集」をプレゼント

今回のウェビナーでお渡しした「Google広告Tips集」と「ウェビナーQ&A集」。どちらも広告運用実務を手助けする内容となっています。「ウェビナーQ&A集」は参加いただいた方限定でお渡ししていますが、「Google広告Tips集」は皆さんにダウンロードしていただけます。
「GDN(Googleディスプレイネットワーク)とは何か?」という基本的なTipsから、「Googleがユーザー属性を判断する方法」「クリック単価を決める方程式」など、専門的な内容まで、必ず自社の広告施策に役立つ項目があると思います。
ぜひ、下記フォームから資料をダウンロードして、お役立て下さい。