Web制作

【ギャラリーサイト5選】広告用バナーデザインを学ぶ

「魅力的なバナーのデザインが思いつかない……」
「バナーを作ったけどクリック率が低い……」
「そもそもバナーデザインの作り方がわからない……」

Web広告のひとつであるバナーにとって、もっとも大切なのは”デザイン”です。魅力のないバナーデザインはクリック率が低いため、広告としての効果がありません。その一方で、魅力的なバナーデザインができれば、高い広告効果が期待できます。

今回は、バナーデザインの参考にしたいギャラリーサイトを紹介します。Web広告におけるバナーデザインの重要性とともに、参考にできるギャラリーサイトを知っておきましょう。

多くのWeb広告ではバナーデザインが重要

数あるWeb広告の中でも、ユーザーにとって身近なのがバナー広告です。
近年、スマホやパソコンから閲覧できるサイトで、幅広い種類のバナーを目にするようになりました。
アドテクノロジーの進歩により、バナー広告でも高い精度でセグメントできるようになりました。それにより、クリックされる可能性も高まりますが、その一方でデメリットについても考えなければいけません。

それは、バナーデザインによってクリック率に大きな差があることです。

バナー広告が普及し、多くのユーザーはWebサイト上にあるバナーを「広告」として見るようになっています。
広告慣れしているユーザーにとって、ダメなデザインは見向きもされません。魅力的なバナーとそうでないバナーには、クリック率やその後の成果に大きな差があります。クリック率の低いバナーでは、広告効果が期待できず、費用対効果や成果数も限定的になるでしょう。

では、クリックしてもらえるバナーデザインはどう作れば良いのでしょうか?

クリックしてもらえるバナーデザインの作り方

クリック率の高いバナーの共通点は”魅力的なデザイン”にあります。良質なバナーデザインは、ユーザーのニーズを反映しているため、自然とクリックへ誘導できます。そして、ランディングページに移行した後も、自然な形で成約に向かうことでしょう。

そんな魅力的なデザインのバナーを作るためには、デザインにおけるメソッドやコツを知ることが必要です。そこで参考にしたいのがバナーデザインのギャラリーサイトです。

ギャラリーサイトを参考に魅力的な広告バナーを作る

ギャラリーサイトは、テーマに沿ったコンテンツをまとめたデザイナーやWeb・広告担当者必見のサイトです。バナーデザインのギャラリーサイトでは、サイズや業種、テイスト別にバナーをまとめています。

ギャラリーサイトを見るときは、作りたいバナーのサイズや業種、テイストに近いものを絞り込んで参考にしてください。各ギャラリーサイトには、ソート機能が付いていることが多いので、絞り込んで検索できます。
バナーデザインのギャラリーサイトは、広告バナーのアイデアの宝庫といえるでしょう。

しかし、ギャラリーサイトは非常に多くの種類があり、どれを見ていいかわからないかもしれません。
そこで、今回は広告バナーを作るときに見ておきたい、良質なギャラリーサイトのみを厳選して紹介します。

バナーデザインで参考になるサイトを厳選して紹介

今回は、バナーデザインのギャラリーサイトを厳選して紹介します。各サイトの掲載数、検索の種類、特徴を解説するので、ぜひデザイン作成に役立ててください。

bannermatome_国内最多のバナー数を誇るギャラリーサイト

bannermatome_国内最多のバナー数を誇るギャラリーサイト

画像:Banner Matome

  • 掲載数:2万1,300件 (2019年4月時点)
  • 検索の種類:色別、業種別、テイスト別
  • 特徴:国内最多のバナー数を誇るギャラリーサイト!

「Banner Matome」は、国内最多のバナー数を掲載しています。検索の種類も豊富で、色別、業種別に加えてテイスト別(テキスト風、手書き風、イラスト風など)でも検索可能です。特に、業種別は幅広い業種で絞り込めるので参考になります。

ただし、「Banner Matome」は2018年9月26日が最終更新日なので、最新のデザイントレンドは反映されていません。また、バナーサイズはオーソドックスな300px×250pxのバナーのみとなっており、サイズ別検索はできません。

「Banner Matome」は掲載数がもっとも多いサイトなので、デザインのメソッドやコツを知りたい場合は有益です。特に、製作予定のバナーが300px×250pxのサイズで、デザインを参考にしたい方は積極的に利用してください。

retrobanner

retrobanner_幅広いサイズのバナーが豊富に掲載されている

retrobanner_幅広いサイズのバナーが豊富に掲載されている

画像:retrobanner.net

  • 掲載数:9,480件(2019年4月時点)
  • 検索の種類:サイズ別、業種別、テイスト別
  • 特徴:幅広いサイズのバナーを豊富に掲載!

「retrobanner」は、幅広いサイズのバナーを検索したいときに便利なギャラリーサイトです。サイズ別では、30種類のサイズからバナーを検索できます。ほかのギャラリーサイトには少ないサイズも用意されているので、特殊サイズのバナーを作成するときに参考になります。

そして、バナーデザインをクリックすると、デザインに使われている色を表示してくれます。カラーコードによる表示に加えて、パレットファイルもダウンロードできるので、実際のデザイン作成にとても役立ちます。

デザインにおいて、どんな色をどういった割合で使用するか、つまり配色はデザインイメージを大きく左右します。テイストを近づけたい方はカラーコードも参考にしてデザインを作りましょう。

ちなみにこちらのサイトも昨年の夏頃に更新が止まっています。 最新トレンドは反映されていませんが、デザインの基礎的な部分は参考になるので役立ててください。

Bannnner.com

bannnner_ハイクオリティなバナーのみを厳選したギャラリーサイト

bannnner_ハイクオリティなバナーのみを厳選したギャラリーサイト

画像:bannnner.com

  • 掲載数:不明
  • 検索の種類:サイズ別、業種別、テイスト別
  • 特徴:ハイクオリティなバナーのみを集めたギャラリーサイト!

「Bannnner.com」は、一定のクオリティを満たしたバナーのみを掲載しているサイトです。ギャラリーサイト自体を見てもわかる通り、高いデザインセンスを感じさせます。
実際に掲載されているバナーも優れたデザインが多く、ハイセンスなバナーを作りたい方は参考にしてください。

掲載数は少ないですが、幅広い業種やテイストをまとめているので役に立ちます。あるジャンルのハイクオリティなバナーを見たいときは、「Bannnner.com」で探しましょう。

こねこのバナーデザインアーカイブ

こねこのバナーデザインアーカイブ_更新が続いているため最新のバナーデザインが見れる

こねこのバナーデザインアーカイブ_更新が続いているため最新のバナーデザインが見れる

画像:こねこのバナーデザインアーカイブ

  • 掲載数:不明
  • 検索の種類:色別、サイズ別、業種別
  • 特徴:わかりやすく見やすいギャラリーサイト!

「こねこのバナーデザインアーカイブ」はおしゃれなデザインのバナーをまとめたギャラリーサイトです。色別、サイズ別、業種別と検索の種類も豊富に揃えており、特定の単語でも検索できます。

また、更新が続いている数少ないギャラリーサイトなので、最新のバナーが見たい方はブックマーク必須です。 デザインはトレンドを抑えることも重要なので、最新バナーを参考にしてデザインを作りましょう。

Facebook広告を集めました。

facebook広告集めました。_facebookの広告バナーに特化したギャラリーサイト

facebook広告集めました。_facebookの広告バナーに特化したギャラリーサイト

画像:Facebook広告を集めました。

  • 掲載数:787件(2019年4月時点)
  • 検索の種類:業種別
  • 特徴:Facebook広告のみにフィーチャーしたギャラリーサイト!

「Facebook広告を集めました。」はその名の通り、Facebook広告のみを集めたギャラリーサイトです。Facebook広告は、バナー広告に近いサイズ感で作られているため参考になります。同じサイズ感のバナーを作る予定の方、またはFacebook広告を作る予定の方は参考にしてください。

こちらのサイトも2018年末から更新は止まっていますが、近年掲載された広告は網羅しています。特定のジャンルに特化したギャラリーサイトは少ないので役立てましょう。

まとめ

今回は、バナー広告で成果を上げるために、デザインアイデアを得られるギャラリーサイトを紹介しました。バナーデザインは、クリック率を左右する重要なデザインです。これまで、バナーのクリック率の低さに悩んでいた方は、本記事で紹介したギャラリーサイトを参考にしてください。

また、残念ながら多くのギャラリーサイトの更新が止まっています。しかし、デザインのトレンドは変わってもバナーデザインの根本は変わらないので十分活用できるでしょう。

バナーデザインの基礎をギャラリーサイトで理解し、最新のトレンドを取り入れる形でデザインを作成すると、優れたデザインが完成します。古いバナーだからといって、参考にしないのはもったいないです。

それでは、本記事を参考に魅力的なバナーデザインを作成して、高い広告効果を生み出しましょう。