【初心者でも大丈夫】SEOキーワードの選び方

7a8733e2aaa3cc5e966e21755bc59ea1a710a057
SEOキーワードの選び方


記事コンテンツやブログを作る場合、読んでもらえる記事を書くことが最も重要ですが、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。

もちろん記事コンテンツにはSEO対策も重要です。検索から辿りついて読んでもらうには、狙ったキーワードで検索結果の上位に表示されるようにしなければなりません。この際に重要なのはSEO対策のために適切なキーワードを選ぶことです。

今回の記事では、SEOキーワードを上手に選ぶ方法について解説いたします。記事コンテンツ初心者であっても、キーワード選定の基本を知ることで十分検索上位を目指すことができます。ぜひ最後までお読みください。

キーワード選定の3つの基本!

記事コンテンツの目的は「事業やサービス、商品について問い合わせや注文数を伸ばす」「認知を広げる」「ファンを増やす」ため。そのためには、ユーザーがどんなキーワードで検索をしているかを予めチェックしておくことが大切です。ピックアップしたキーワードを中心に記事を書くのが良質な記事コンテンツを作るための最善策です。

次の3つを参考に、キーワードを選んでみましょう。

基本1:目的を明確化する

誰に何を伝えたいのかを明確にすることが、とても大切です。「ペルソナ」と呼ばれる、具体的な人物像を作り、生活スタイルや興味・関心を深掘りすることで、顧客ニーズの仮説をしっかりと組み立てることができます。

ペルソナを「将来的に住宅の購入を検討しており情報は集めているが、今は貯金がほとんど無い30代の男性」にするのか「古くなった家をすぐにでも建て替えたい、資金を充分持っている50代男性」とするのでは、求める内容が大きく異なってきます。より明確にターゲットを絞り、読み手をイメージした記事を書くことで具体的な記事、役立つ記事として検索されやすくなります。

基本2: SEOを意識したキーワード選定

誰に何を伝えたいのか、目的やペルソナが決まったら検索されやすいSEO対策キーワードを調べましょう。
実際に検索して、どんなページが上位表示されているのかを知ることがポイントです。

例えば50代で建て替えを検討している人をペルソナに設定した場合は、「50代」「建て替え」というキーワードを一度Googleで検索してみましょう。その際、上位に表示されている記事の内容と合わせて、他にどんなキーワードで検索した人がいるのかを知ることが重要です。検索の一番下に「他のキーワード」として「貯金なし」「ローン」「後悔」が表示されますので、それらを網羅したコンテンツにすると、より検索されやすくなりおすすめです。

基本3:上位の競合ページを参考に構成案を作成

選んだSEOキーワードで表示される上位10記事程度のタイトルや説明文に目を通し、内容を把握することも必要です。どんな内容を書けば、上位表示されるのかを把握できるからです。

初心者でも簡単!SEOキーワード選定に重要な4つのステップ

次に、検索されやすいSEOキーワードを選定するための具体的な方法について、ステップを踏んでご紹介していきますので参考にして下さい。

ステップ1:メインキーワードから決める

SEO対策としては、まずメインキーワードを決めることが大切です。大きなテーマからペルソナに従って深掘りし、キーワードを広げていきましょう。あくまでシンプルでわかりやすいキーワードを選びがポイントです。

キーワードを選んだら、次は検索してみます。一番上に約何万件という検索件数が表示されますので、関連ページの多さや競合の存在を調査します。検索結果に表示される競合が多ければ多いほど、SEO対策の難易度は高くなるため、初心者のうちは1000以下のキーワードでも積極的に記事にしていきましょう。そこからグループ記事を作成することで、さらなるSEO対策の一歩となります。

参考記事:SEOに強いWebサイト構造【トピッククラスターとピラーコンテンツ】

実際に記事を書く際は、指定キーワードを多く均等に入れ込むことがおすすめの方法です。

ステップ2:キーワード候補を複数洗い出す

記事を書く際には、他のキーワードも複数探しておきましょう。検索結果の「他のキーワード」をチェックしたり、競合サイトにどんなキーワードで流れていったのかを「流入キーワード」で調べるのが良い方法です。競合サイトが上位になっている理由は、付随したキーワードが元になっているからという場合もあります。

ツールを使ってキーワード候補を探す方法

ツールを使ってキーワード候補をいろいろ見つけるのもおすすめの方法です。

 

例えば「ラッコキーワード」は検索エンジン(Google/Bing/Youtube等)・関連Q&A・トレンド情報から検索されているキーワードを無料で調査できます。

設定したキーワードに対して、どんなキーワードで検索されているのかをチェックでき、サジェストキーワードがいくつも表示されます。こういったツールを使用して同じカテゴリーの中にあるものを入れ込んだ記事を書いてみるといいでしょう。

ステップ3:複数キーワードをカテゴリー毎に分類する

複数のキーワードを選択したら、カテゴリー毎に分類するのもおすすめです。例えば先ほどの「貯金なし」「ローン」「後悔」などのキーワードの場合は、「貯蓄なし」「ローン」は資金調達の解決記事カテゴリーに分類され、「後悔」は建て替え内容や建て替え業者の選び方などのノウハウや知識記事に分けられます。

多くのキーワードがある場合には、カテゴリーに分けておくと記事の構成を考える際に便利です。主なテーマ「建て替え」というテーマから決して外れないように気を付けながらカテゴリー分類をして考えていくといいでしょう。

ステップ4:競合や検索ボリュームで優先順位を決める

競合相手や検索ボリュームを見ることで、記事の中での優先順位を決めることができます。ツールを使って検索ボリュームを調べるのもおすすめです。

有料のSEOツールで最近話題になっている「パスカル」は主となるキーワードを元に、その関連のキーワードを分析することができます。検索ボリュームがどのくらいあるのかも数値で見られるのがメリットです。検索ボリュームを見て、キーワードの優先順位を決定すると良いでしょう。

圧倒的に使いやすいSEOツール【パスカル】

画像:パスカル

上位表示させやすい構成も分析されているため、設定したキーワードで上位表示させるために盛り込むべき内容の指標がわかります。新規記事を作成する際の構成作成にも役立つ便利なツールです。

初心者が注意すべきキーワード選定に重要な2つのポイント

初心者がSEOのためのキーワードを選定する場合は、ユーザーの立場になることが大切です。最後にキーワード選定に重要な2つのポイントもご紹介します。

ポイント1:キーワードを検索するユーザーの意図を意識する

検索キーワードには、悩みや問題を「知りたい」「解決したい」という欲求や「行きたい」「買いたい」というニーズが含まれています。このことを基本にコンテンツを書くと読まれやすくなります。例えば「知りたい」「解決したい」という人に、具体的な情報や解決法を結論として伝えないと意味がないコンテンツになります。常にユーザーの意図をくみ取って、何が求められているのか意識するのがポイントです。

ポイント2:キーワード選びは継続的に繰り返し行う

時期によってもどんな言葉が検索されやすいかは変わります。他の競合記事が新しく出現することもあります。最低でも2~3ヶ月に1度程度は、検索順位を確認することが必要です。現実的にニーズがあるキーワードをその都度選択しましょう。

そして自社記事の検索順位が継続して上位にならない場合は、キーワードを変更し、競合サイトを見てボリュームを増やすためのリライトがおすすめです。継続的にキーワードをチェックして、生きた記事にしておくことが大切です。

初心者もSEOキーワードの選定方法を知って効率化を図ろう!

初心者でも、SEOキーワードの選定をしっかり行うことで「事業やサービス、商品などについて問い合わせや注文を伸ばす」「認知を広げる」「ファンを増やす」などの目標を達成することができます。

効果的なコンテンツにするには、SEO対策を行うことが大事です。実際にターゲットとなるユーザーをイメージしてペルソナを設定し、SEOキーワードを選定。キーワードの検索ボリュームを確認したり、競合サイトを見たり、ツールでチェックします。しっかりと事前に競合調査を行いましょう。そうすることで検索上位に表示されやすくなります。