Google広告の分析情報とは?新機能を活用する方法

7a8733e2aaa3cc5e966e21755bc59ea1a710a057

Google広告で成果を出すためには常に分析と改善が必要です。
運用を担当している方は、対策キーワードを日々アップデートされていると思いますが、キーワード選定に苦戦している人も多いのではないでしょうか。

2020年末頃、Google広告に追加された「分析情報」という機能を上手く活用すれば、検索ニーズの高いキーワード選定に役立ちます。

この記事では、Google広告の分析情報について概要から活用方法まで紹介しています。Google広告で最新の検索ニーズに沿った運用方法を知りたい方はぜひ参考にしてください。

Google広告の分析情報とは


Google広告の「分析情報」とは、運用中の広告アカウントに関連した検索トレンドを確認できる機能です。
「分析情報」を使えば、ユーザーに多く検索されているキーワードや広告のクリック数などを見ることができます。

広告を運用する上で大事な要素の一つに、市場のトレンドに合わせた広告のアップデートがあげられます。特に最近では、ユーザーの行動変化が非常に早いスパンで変わるため、ユーザーの行動が非常に早く変化するため、ニーズへの対応が増々難しくなってきています。

この問題解決には、最新のトレンドをインプットし続けることが重要です。
非常に大変な作業ですが、Google広告の「分析情報」を使えば、アカウントに関連した情報を簡単に把握できます。
検索キーワードのトレンドを把握できれば、適した対策キーワードの設定や効果の高い広告運用が可能となります。

広告を掲載している検索トレンドについて

「分析情報」のページ内には広告アカウントに関連したあらゆるトレンド情報が表示されます。なかでも広告運用で特に重要になるのが、「広告を掲載している検索トレンド」です。
ページ内には、Googleがもつ検索データから、運用中の広告に合った情報が表示されます。毎日更新されるので、随時インサイトを確認しましょう。

「広告を掲載しているトレンド」で確認できる具体的な項目は以下です。

・検索インタレスト
・クリック数、費用、表示回数
・検索クエリのトレンド

検索インタレスト

「検索インタレスト」では、Google検索で人気の高いキーワードが利用者全体でどれぐらい検索されたのかを確認できます。

データは検索最高値を100として、その他を0から100の相対評価で示します。期間は「前週比」「前月比」「前年比」の3種類から指定でき、指定した期間内での検索増加率を見ることができます。

クリック数・費用・表示回数

トレンドキーワードで表示された広告のクリック数、費用、表示回数を見ることができます。
検索インタレストと同様に、「前週比」「前月比」「前年比」の3種類から期間指定が可能です。

検索クエリのトレンド

「トレンドの詳細を表示」という項目から、検索クエリに関するより詳しい情報を確認できます。

確認できる項目は以下のとおりです。

・急上昇の検索語句
・キャンペーンにおけるトレンドの伸び

「急上昇の検索語句」では、Google検索で話題となっているキーワードを特定するのに役立ちます。

ユーザーの興味関心を把握できるため、広告効果を高めたり、新しいコンテンツのアイデアとしても活用できます。

「キャンペーンにおけるトレンドの伸び」では、トレンドキーワードが関係している広告キャンペーンがわかります。うまく活用すれば、既存キャンペーンに関連する検索インタレストを多く獲得できるでしょう。

分析情報の活用方法

Google「分析情報」のおすすめ活用方法は以下の4つです。

・トレンドキーワードで検索広告を出稿

・トレンドキーワードでショッピング広告の入札条件変更

・トレンドキーワードでディスプレイネットワークのコンテンツターゲット設定

・検索広告、ディスプレイ広告でトレンドキーワードに関連したオーディエンス配信

いずれにおいても、Googleトレンドを知り、広告のキーワード設定や配信設定を最適化することが主な活用方法になります。
ユーザーの検索トレンドは移り変わりが早いので、定期的な確認が大切です。

ただし、「分析情報」だけを参考に広告を設定することはおすすめしません。
「分析情報」で確認できるのはあくまで現在のトレンドです。トレンドに対応した広告文にすることで、インプレッションやクリック数の増加は期待できますが、コンバージョンを獲得できるとは言い切れません。トレンドとニーズは別物だからです。
既存キーワードのパフォーマンスと比べながら活用していくと良いでしょう。

トレンドキーワードを知ることは、オウンドメディアのSEO対策にも有効です。

まとめ

「分析情報」では、Googleで話題のキーワードやトレンドを知って、どのように広告を最適化していくべきかをリアルタイムに把握できます。また運用中の広告に関する情報収集にも役立つ機能です。

ここまで色々と「分析情報」の有効性についてご説明いたしましたが、難しいことはさておき、「分析情報」を利用することで改善のヒントを見つける機会に繋がります。ぜひ一度確認してみてください。

Google広告について、こちらの記事も合わせてご参考ください。
【Google広告キーワードプランナー】効果的な使い方