コンテンツマーケティングの要|顧客のメールアドレスを効果的に集める方法

7a8733e2aaa3cc5e966e21755bc59ea1a710a057
コンテンツマーケティングの要|顧客のメールアドレスを効果的に集める方法

コンテンツマーケティングの要となるのが、顧客のメールアドレスを集めることです。様々な企業のコンテンツをより多くのユーザーに届けるためには、メールアドレスを取得した上で自社の情報を積極的に発信する必要性があります。

メールアドレスを効率良く集めるためには、まず見込み顧客リストを作成することが重要です。メールを送信して自社の商品をまだ購入していないユーザーに積極的にアピールすることで、商品の購入を促進することができます。

それでは、コンテンツマーケティングの要となる顧客のメールアドレスを効率良く集める方法についてご説明しましょう。

コンテンツマーケティングでメールアドレスを獲得する重要性

コンテンツマーケティングを成功させるために必要なのは、顧客のメールアドレスを効率良く集めることです。しかしコンテンツマーケティングにおいて、なぜメールアドレスを集めなければならないのか気になる人も多いのではないでしょうか。

それでは、コンテンツマーケティングでメールアドレスを獲得することの重要性についてご説明しましょう。

コンテンツマーケティングは見込み顧客リストを創出することが目的

コンテンツマーケティングの目的は企業によって異なりますが、少しでも売り上げにつなげるためには見込み顧客リストを創出する必要性があります。

一度商品を購入した顧客リストと、商品を購入したことがなく資料請求や見積・問い合わせなどを行った見込み顧客リストを2種類を合わせてリストマーケティングと言います。

リストマーケティングで見込み顧客リストを作成することにより、顧客一人に対する集客やセールスに時間をかけることがなくなり、Webの活用によるコスト削減、そして集客の自動化など様々なメリットがあるのがポイントです。

見込み顧客にとっては有益な情報が随時手に入りますし、企業にとっても時間やコストの削減を実現した上で販促活動の促進に繋がるため、積極的に情報を発信することが何よりも重要です。

メールアドレスを獲得する方法

コンテンツマーケティングにおいてメールアドレスを効率良く集める必要性があるとはいえ、いきなりメールアドレスを入力する顧客は少ないでしょう。

リートジェネレーションによる見込み顧客の情報を取得する施策を行い、積極的に様々な方法で情報を発信することによってメールアドレスを入力してもらうように誘導することが大切です。

それでは、コンテンツマーケティングでメールアドレスを効率良く集めるための方法についてご説明しましょう。

コンテンツオファー

コンテンツオファーとは、特定のコンテンツにアクセスした顧客に対して特典を与える方法を指します。

コンテンツオファーにはホワイトペーパーやebookの提供、業界の10大トレンド、ハウツーガイド、動画、ガイドシート、質問集やチェックリスト、ケーススタディ、パワーポイント形式のプレゼンテーション、オファーの一部の内容のブログ化、営業チームの資料など、様々な方法があります。顧客は自分が興味のあるコンテンツを手に入れるために、メールアドレスを入力してくれるので、顧客リストを作成することができるのです。

問い合わせ/無料相談

問い合わせや無料相談の際にメールアドレスを入力してもらうことにより、ユーザーが気になる疑問や質問に回答するためにメールアドレスを集めることができます。メールアドレスを集めるだけでなく、ユーザーからの問い合わせ内容や相談内容に応えることによって、ユーザーが自社製品を購入してくれる可能性が高くなります。

そもそもユーザーが問い合わせや無料相談を行うのは、自社製品に興味を持っているとも解釈できるので商品をさらにアピールするチャンスを手に入れることができます。

チャットボット

チャットボットとはAIによる自動会話システムのことで、担当者がいなくてもチャット上で自動的に商品の宣伝などを行ってくれます。見込み顧客リストを活用してステップメールを活用すれば、商品に応じて適切なタイミングで適切な内容の情報を自動的に発信してくれるのが最大の特徴です。

チャットボットを活用すれば、セールスや集客担当者の負担が一気に減らせるため効率良く見込み顧客リストからのメールアドレスを取得しつつ他の業務に集中できるでしょう。

メールマガジン

最も手軽にできるオーソドックスな方法と言えば、メールマガジンに登録してもらう方法です。こちらはメールマガジンに登録してもらうことにより、見込み顧客リストを集めつつ様々な商品の魅力を定期的に発信することができます。

ただ紹介する商品によって性別や年代に合わせた内容を心がけなければなりません。男性に化粧品のメールマガジンを配信しても意味がないので、顧客が興味を持ちそうな内容のメールマガジンを配信することで効果を発揮することができるでしょう。

また内容も商品のゴリ押しではなく、顧客に興味を持ってもらえるようにコラム形式やハウツー情報といった読みやすい内容にするのがおすすめです。画像で興味を惹くのもおすすめですが、あまり画像が多いと表示されるのに時間がかかったり迷惑メールに振り分けられたりしてしまうのでおすすめできません。

その場合はテキストメールとして配信すると良いでしょう。

今すぐ実践したいチャットボットの導入とコンテンツオファー作成

コンテンツマーケティングを促進させるためにチャットボットを導入するのであれば、以下のポイントを押さえましょう。

  • 導入目的をハッキリさせる
  • プラットフォームの選択
  • 専任者を立てる
  • 他の問い合わせとの棲み分けをする

見込み顧客のメールアドレスを効率良く取得したいのか、それとも他の問い合わせや無料相談の手間を無くしたいのかなど、導入目的をハッキリさせないと導入した意味がなくなってしまう可能性があります。

またチャットボットのカテゴリには大きく分けてWebサイト・SNS・アプリの3種類があるので、目的に合わせたカテゴリを選ぶことも大切です。

さらに専任者を決めておかないと回答内容を管理する人がいないため、せっかく集めた内容も把握しにくくなるので1人以上の先任者を決めておきましょう。

チャットボットを導入するにあたり、問い合わせかチャットのどちらに相談すればいいのか分からなくなるサイト設計はNGです、ここは問い合わせの窓口と無料相談のチャットといったように棲み分けましょう。

そしてコンテンツオファーをする場合、何よりもサイトにアクセスした顧客にとって有益な情報を発信できるかどうかが重要です。顧客にとって価値がある有益な情報が発信できなければ、メールアドレスを取得することはできないでしょう。

メールアドレス管理にはMAがおすすめ

メールアドレス管理はMAを導入するのがおすすめです。MAとはマーケティングオートメーションのことで、MAを導入することによってリード管理機能がフル活用できるのが強みです。

リード管理機能とは自社サイト、ランディングページ、メールやセミナー、アンケート、メールマガジン、コンテンツオファー、チャットボット、問い合わせや無料相談などで取得できた様々な情報を一元管理できる機能です。

これにより、取得した多くのメールアドレスはもちろん、顧客一人一人の性別や年齢を初めとする顧客属性もまとめて分かりやすく管理できます。

まとめ

コンテンツマーケティングにおいて、顧客リストを継続して維持するのはもちろん、見込み顧客リストへのアピールは欠かせません。新規顧客を勝ち取るためにはメールマガジンや問い合わせ、無料相談、チャットボット、コンテンツオファーなどでメールアドレスを取得する必要性があります。

自社製品を効率良くアピールするためにも、コンテンツマーケティングの促進が重要だと言えるでしょう。