今すぐできるTwitterマーケティング|3つの手法を紹介

7a8733e2aaa3cc5e966e21755bc59ea1a710a057

消費者にとって、コミュニケーションや情報収集の手段となるSNSは日常に欠かせないものです。また、商品やサービスを宣伝するためのマーケティングツールとして、企業でも広く利用されています。
今回は、企業のSNSマーケティングにおいて重要度の高い「Twitter」をピックアップします。

Twitterのキホン

Twitterは全角140字までのテキストや画像、動画を投稿できるSNSです。他のSNSと比較しても、気軽に投稿できるところが魅力です。独特のゆるい世界観も高い人気を集めている理由と考えられます。

2017年にTwitterJapanより発表された日本の月間ユーザー数は約4,500万人にも上りますが、なぜこれほどまで人気になったのでしょうか。

TwitterはFacebookやInstagramより日本語対応がはやく、広まりやすかったと考えられています。当時日本ではmixiやGREEが主流でしたが、海外で話題のTwitterが日本語で使えるようになり、一気にユーザーが増えました。

Twitterをマーケティングに活用する方法

企業アカウントの運用

最初の方法は、自社のTwitterアカウント運用です。
自社のTwitterアカウントから定期的に情報を発信し、他のユーザーとのコミュニケーションを通して、ブランディングやプロモーションの実現、フォロワーの獲得を目指します。

企業のアカウントが有名になり、多くのフォロワー(ファン)を獲得できれば、お金をかけずに効果的なプロモーションが可能です。他にもフォロワーからの意見を受けて、商品やサービスをより良いものにしたりと、企業にとって多くのメリットがあります。

Twitterで獲得できるコアなファンは特に熱心で、自身のアカウントで商品やサービスを拡散してくれたりと、企業にとって大切な存在となります。

Twitterはさまざまな機能を無料で利用できるので、アカウント開設のハードルが低いのもメリットでしょう。

デメリットは、人気のアカウントになるまで時間がかかることや、炎上につながるリスクも考えられることです。Twitterに限らず炎上を避けてSNSを利用するには、コミュニケーション力はもちろん、正しいネットリテラシーが求められます。投稿する際は充分に意識しましょう。

Twitter広告

つぎに紹介する方法は、Twitter内での広告配信です。Twitter広告では、目的に応じて複数の広告フォーマットを使い分けたり、ユーザーの性別や年齢、居住地域などターゲティングを細かく設定できます。狙ったターゲットに広告を配信できるので、ユーザーの行動を促しやすいのが魅力です。

広告がユーザーにリツイートされると、広告費用をかけずに情報を拡散できます。工夫次第で費用対効果を高められるのもTwitter広告のメリットと言えます。

デメリットは若年層以外にアプローチしにくいことです。幅広くを狙うのであれば、LINEやYoutubeが適しています。

Twitterキャンペーン

最後に紹介するのは、Twitterキャンペーンです。商品やサービスの情報を口コミで拡散していくのが目的です。

キャンペーンは「フォロー&リツイート」や「フォロー&ハッシュタグ投稿」という参加条件をもうけ、参加したユーザーの中から抽選でプレゼントを送るなど、ユーザーのメリットとなる仕組を取り入れるのが基本です。

「フォロー&リツイート」型のキャンペーンでは、自社のTwitterアカウントをユーザーにフォローしてもらい、リツイートでの拡散を狙います。今の時代、SNSで商品の口コミをチェックして、購入を検討することが一般的です。Twitterで自社商品やサービスに対する好意的なツイートが増えてくると、ユーザーの購買意欲を後押しできます。

しかしキャンペーンを実施するには、キャンペーンの設計・プレゼントの抽選と発送・ユーザーからの問い合わせ対応など、やるべきことがたくさん出てきます。反響が大きかった場合に対応できるように、しっかりと準備をした上で進める必要があります。

Twitterマーケティングの運用事例

カルビー株式会社

カルビー株式会社では、クイズを出したり、フォロワーの投稿を引用リツイートしたり、活発にコミュニケーションをとることでフォロワーとの関係性を深めることに成功しています。

ユーザーが誰かに知らせたくなったり、トレンド感のある投稿が多く見受けられます。

セブンイレブン

大手コンビニのセブンイレブンでは、Twitter限定のキャンペーンを開催したり、芸能人やインフルエンサーからの投稿をリツイートするなど、わかりやすい方法でユーザーからの信頼性を高めています。セブンイレブンでは、Twitter限定のキャンペーンや、芸能人やインフルエンサーと交流し、ユーザーからの信頼性を高めています。

また、一般ユーザーのツイートをリツイートすることで生の声を拡散させていることが、他のユーザーの購買意欲や、更なる口コミの増加につながっています。

Twitterマーケティングを成功させるポイント

これまでご紹介したように、Twitterには主に3通りのマーケティング手法があり、どれを実施するにしても絶対行うべきポイントがあります。Twitterマーケティングを成功させるために、しっかりと押さえましょう。

ターゲットを明確にする

幅広いユーザーにリーチできても、自社のターゲットを明確にしていなければ、目標とする成果にはつながりません。自社の商品やサービスを、どんな人に使って欲しいのかを考えてみてください。

ターゲットが決まれば、ユーザー視点に立って最適な投稿内容を考えられるので、より商品を魅力的に表現できます。他にもターゲットが興味を持ちそうなハッシュタグやトレンドキーワードをツイートに含めると、効果的です。

最終目標を決める(KGIの設定)

KGI(Key Goal Indicator)は日本語で「重要目標達成指標」と訳され、最終目標を定量的に評価するための指標です。Twitterマーケティングの目的が見込み客の獲得なのか、サイトへの誘導なのか、ブランディングなのか、はっきりと決めておいてください。

最終目標を達成するための方法を決める(KPIの設定)

最終目標が明確になったら、達成のために必要なKPIを設定してください。KPI(Key Performance Indicators)は日本語で「重要業績評価指標」と訳され、目標達成度合いを評価する中間の評価指標です。

KPIは業種によって異なり、また顧客が企業か個人かでも変わります。高く設定しすぎても低く設定しすぎても、成果にむすびつきにくいため、目標から逆算して過去の実績なども参考にしながら決定することが成功への鍵となります。

まとめ

今回はTwitterマーケティングについてご紹介しました。SNSの中でも圧倒的にユーザー数の多いTwitterは、企業にとって効果的なマーケティングツールです。
注目されているSNSマーケティング手法なので、まだ運用を始めていない方はこの機会にはじめてみてはいかがでしょうか。