【企業インタビュー】IP CITY HOTEL Osaka:5つ星ホテルグループが日本進出するために採用したWebマーケティング戦略

5bede2378180aa6b97c5aa27dbd8255a9026ca90

【企業インタビューとは】
株式会社アイビスは総合広告代理店として、関西を中心に多くの企業様のWebマーケティング、広告のサポートを行っています。普段、広告主様に提案している我々ですが、この企画では事業のプロである企業の経営者様、製品、広報の担当者様に想いや様々な工夫を教えていただきます。また、Webマーケティングメディア「Grab」を通じて、大阪の企業様との新しい出会いを創出したいと思います。

今回お伺いしたのは、IP CITY HOTEL Osakaの代表取締役を務められている権容海社長。
5つ星ホテルを世界展開している「Imperial Palace HOTEL」グループの日本第一拠点として2018年12月に開業した同ホテル。ヨーロッパ風のアンティークで優雅な空間の中で、今後の展望をインタビューをさせていただきました。

事業内容を教えてください

大阪の中心にあり、高級ながらもリーズナブルなシティホテル

日本有数の高級ブランド街・ビジネス街である大阪心斎橋にて、シティホテルを経営しています。

お客様は海外の方はもちろん、日本国内の方もいらっしゃいます。心斎橋駅から徒歩3分、大阪ミナミの中心にあることから、ビジネス・レジャー・観光など用途はさまざまです。それぞれのニーズにお応えできるよう、客室はシングルやツインルームだけではなく、トリプルルームやスイートルームまで幅広く揃えました。

2019年5月にリニューアルオープンしたばかりですので、綺麗な設備を評価していただいております。

貴社の強みを教えてください

各国のトップが評価した「Imperial Palace HOTEL」グループのノウハウを継承

IP CITY HOTEL Osakaは、5つ星ホテルを世界展開しているImperial Palace HOTELグループの日本第一拠点です。

当グループのホテルは非常に高く評価されています。特に韓国のホテルは「TIME Readers’ Travel Choice Awards(2006年度)」に選定されました。また、2010年度の「G20首脳会談」や2011年度の「核セキュリティサミット」等では、最上級のサービスを提供するホテルだと各国のトップから評価されています。このような評価を得ている「Imperial Palace HOTEL」グループのノウハウをもとに、当ホテルではサービスを提供しています。

例えば、従業員が提供できるサービスは「本人が体験したサービス」が基礎となります。そのため当ホテルでは、従業員に最上級のサービスを体感してもらうため、グループ内ホテルへの研修旅行を定期的に行っております。そのため、サービス力は世界レベルと言っても過言ではございません。当然ながら、私も現地で長期間勤務しておりました。

一番意識されていることを教えてください

旅先で安らぎを感じられるサービスを

さまざまな用途で当ホテルは利用されていますが、共通することはお客様が笑顔でいらっしゃることです。そのため、私たちのミッションは「お客様の笑顔を絶やさないこと」です。

私はその方法を「Imperial Palace HOTEL」グループだけではなく、ホテルスタッフ学校でも研究しました。例えば、当ホテルのフロントでは、お客様用の椅子を設置しております。これはチェックイン・チェックアウトの瞬間でさえ、快適に過ごしていただきたいという想いから設計しました。このような設計は、日本のホテルではほんの一握りにしか存在しません。

あわせて従業員は、接客スキルを第一条件として厳選しております。場合によっては、日本人だけでなく外国の方も採用していますが、もちろん日本語は流暢であることが条件です。お客様に安らぎを感じていただくには設備も重要ですが、やはり従業員の接客も同じくらい重要です。

当ホテルはリピーターが多いことが特徴ですが、サービス力を評価していただいるためだと言えます。

マーケティングの取組み状況を教えてください

現在行っている取組みと実績、コロナ禍を乗り越えるための対策

まずは基礎となる「各種旅行会社への掲載」「オンライン予約サイトへの掲載」をはじめ、Wechatを利用した予約経路を作成しました。あわせて全国の旅行会社へチラシを郵送しました。これらの反響により団体予約の売上を増加することに成功しました。

結果として、2019年度の目標は3億円に対して3億8600万円の売上を計上し、達成率は128.6%でした。しかし2020年度は4億1400万円以上の売上を目標としていましたが、現在は苦しい状況となってしまいました。

対策として、Twitter・Instagram・FacebookなどのSNSを利用した広告マーケティング、LINE・KakaoTalkなどを利用した予約経路の作成を予定しております。また、インフルエンサーを利用したプロモーションを展開しつつ、各web媒体へのホテル記事の露出を増加する予定です。

また、国内やインバウンドの旅行代理店・旅行会社・コーポレート契約(法人契約)にて集客を実施しておりましたが、中国圏以外からの団体が少ないことが課題でした。対策として、インバウンド・国内の旅行代理店への提案営業活動にも注力する予定です。

今後も様々なプロモーション、コラボレーション企画、企業様との連携を強化していきます。ご興味のある企業様、ご担当者様はお気軽にお問い合わせください。
【電話でのお問い合わせ】代表TEL:06-6251-2111
【メールでのお問い合わせ】info@iphotel.co.jpinfo@iphotel.co.jp

今後の目標・ビジョンを教えてください

最上級のサービスを提供するため、日本の主要観光地にて展開

Imperial Palace HOTELグループは世界的なチェーン網を持つグローバルホテルブランドへとますます大きく成長する予定であり、提供している「最上級のサービス」を日本や海外にて広めたいと考えています。

具体的には国内と海外にて1拠点ずつ増やす工事が進行しており、さらに日本国内にて4拠点を追加展開する予定です。世界が評価した「最上級のサービス」をぜひお客様ご自身で体感し、旅行をより華やかなものにしていただきたいと考えております。

今まで以上に質の良いサービスと安心・安全をご提供して、ウィズコロナ時代も、コロナ収束後もお客様から認めていただけるホテルとして確立できるよう努めてまいります。落ち込んだ観光・ホテル業の復興に少しでもお役に立ち、日本各地のお客様に「最上級のサービス」をお届けできる日を楽しみにしております。

同時に、当グループの一員になってくださる従業員の方を募集しております。一流のホテルスタッフになっていただけるよう、当グループのノウハウをお伝えいたします。求人の詳細は、当サイトに掲載しております。

アイビスからのご提案

  • 媒体集客に頼らない集客経路の確立…ホテル、旅行業は大手媒体からの集客が多数を占めます。しかし、安定した集客、ブランディングの観点から、独自の集客経路を強化する必要があります。MEO(Googleマップでの上位化)を行えば、検索結果において大手媒体よりも上部に貴ホテルの情報を掲載することができ、新たな集客経路になります。
    関連記事:MEO対策
  • 特定エリアのターゲット層に配信できるweb広告配信…Web広告では半径単位のきめ細かなエリア指定の他、職種や収入区分をもとにしたターゲティングが可能です。高級ブランド街、ビジネス街にあるホテルであるため、出張で付近を訪れている人、高所得層など、確度の高いターゲット層に広告を届けることができます。
    関連記事:ジオターゲティングターゲティング
  • Webサイト改修…IP CITY HOTEL Osaka様のWebサイトは、非常に高級感のあるデザインをしています。しかし、Webサイト経由の集客を見込むうえではCTA(コンバージョンボタン)に課題があると感じました。また、施設の魅力は十分に伝わってきますが、ホテルの魅力を訴求するためにも、グループ力・接客力・お客様の声といったコンテンツの強化が効果的です。
    関連記事:CTA
  • メールマーケティング…ホテルではリピート率が業績を左右する非常に重要な指標です。ホテルの魅力でリピートしてもらうことはもちろん、過去の宿泊履歴やプロフィール情報からカスタマイズされたメールマーケティングを実施することで、さらにリピート率を高めることができると感じました。
    関連記事:メールマーケティング

プロフィール

IP CITY HOTEL Osaka
代表取締役社長
権 容海

■経歴
・1985年:ホテルスタッフ専門学校を卒業。
・1986年:ロッテホテルソウルにて勤務。
・2015年:Imperial Palace HOTELグループにて勤務。

■関連サイト
ホームページ
・Instagram
・Facebook
・Twitter
・YouTube

紹介記事の作成を希望される方

Grab編集部では、大阪の企業様を中心にマーケティング活動への取り組みなどの紹介記事を作成しています。
貴社やサービスの認知度アップだけではなく、求人の成果改善などにも活用できます。さらに貴社の目標・ビジョンを実現するための提案も案内します。

取材フローやプロジェクトに関するお問い合わせは、下記フォームにて受け付けています。