Webマーケティング

【2019年5月最新】Googleアナリティクス徹底解剖 指標一覧と解説

世界一普及しているアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」。入っていないサイトはほとんどないといっていいでしょう。
しかし、きちんと活用できている例は多くありません。

アクセス解析ツールを利用する目的は、「Webサイトの中または外でのユーザー行動を把握し、そのWebサイトの目的が達成できるようPDCAサイクルを回す」ことです。
しかし、「Googleアナリティクスを見てもよくわからない」「どうやって改善したらいいかわからない」「一応導入してみたけどほとんど見ていない」という声をよく聞きます。

アクセス解析は、それだけで専門スキルなので、簡単にマスターできるものではありません。
ですが、一部の知識を入れることで、アクセス解析を効果的に行い、自社のWebサイトの現状を知り、PDCAサイクルにつなげていくことができます。
そのための知識には、以前紹介した「ディメンションとメトリクス」や「Googleタグマネージャーの設定」などがあります。しかし、最も重要なことは「Googleアナリティクスで使用されている用語を正しく知ること」です。
用語を知っているだけで、Googleアナリティクスが「よくわからない数字やグラフが並んでいるツール」から、「Webサイトの現状を教えてくれるツール」に変わるでしょう。

今回は、2019年4月時点でGoogleアナリティクスにある、すべての「指標」を紹介します。

Googleアナリティクスの「指標」とは

Googleアナリティクスの指標は、メトリクスとも呼ばれるもので、セッション、新規セッション率、新規ユーザー、直帰率、ページ/セッション、平均セッション時間などがあります。
厳密には、「データを定量的に測るもの」ですが、一般的にはGoogleアナリティクスを見たとき、表の横軸に載っているものが指標です。

アクセス解析は、この「指標」と、縦軸にあたる「ディメンション」でデータを見ていきます。
「指標」の意味や定義を知らないと、Googleアナリティクスを見て「離脱率が56.77%となっているけど、直帰率は38.19%で、閲覧開始数は2,671になっている。結局このページはいいの?悪いの?改善したほうがいいの?」といったことがわかりません。
逆に、「指標」を知っていると、こうした数字を見て判断できるだけでなく、自分が欲しいデータを見つけやすくなります。

それでは、Googleアナリティクスに使われている指標を見ていきましょう。

※当記事で掲載している指標(メトリクス)は、2019年5月時点にGoogleデータポータルで確認できたものを参照しています。

Googleアナリティクスの指標一覧

Adwords(Google広告)関連指標

  • クリック単価…Google広告で出稿した広告の平均クリック単価
  • インプレッション単価…Google広告で出稿した広告の平均インプレッション単価
  • クリック率…Google広告で出稿した広告の平均クリック率
  • クリック数…Google広告で出稿した広告の合計クリック数
  • 費用…Google広告で出稿した広告の合計費用
  • コンバージョン単価…Google広告で出稿した広告のコンバージョン単価
  • トランザクション単価…トランザクション(取引)当たりの広告費
  • 表示回数…Google広告の広告表示回数
  • ROAS…広告費用の回収率を示す(=広告費1円当たりの売上)
  • 収益単価…Google広告のクリック1回に得られる平均収益

コンバージョン関連指標

  • 目標到達プロセスの放棄数…訪問ユーザーが目標到達プロセスを開始したものの、コンバージョンには至らなかった回数
  • 目標全体の放棄率…訪問ユーザーが目標を開始後、完了せずに放棄した割合
  • 目標の放棄数…訪問ユーザーが目標を開始後、完了せずに放棄した数
  • 目標の完了数…訪問ユーザーが目標を完了した数
  • 目標値…目標に対して任意に割り当てた金額
  • 目標の開始数…目標プロセスを開始した数
  • 1回のセッションあたりの目標値…目標値の合計をセッション数で割り、1セッションあたりの価値を金額換算したもの

Ad exchange関連指標

  • Adx のクリック率…Ad Exchangeで広告がクリックされた割合
  • Adx のクリック数…Ad Exchangeで広告がクリックされた回数
  • Adx 一致率…Ad Exchangeで広告リクエストと一致した購入者が広告枠を購入した割合
  • Adx のeCPM…様々な課金体系が混ざるAd Exchangeにおいて、すべての課金体系をインプレッション課金(CPM)に換算した値
  • Adx インプレッション数…Ad Exchangeで広告が表示された回数
  • Adx インプレッション数/セッション…1セッションあたりのAd Exchangeで広告が表示された回数
  • Adx 収益化ページビュー数…Ad Exchangeで収益化(コンバージョン)につながったページビュー数
  • Adx の収益…Ad Exchangeでの広告収益額
  • Adx の収益/1000セッション…1000セッションあたりのAd Exchange広告で得られた収益額。eCPMと比較するために使用する
  • Adx の視認範囲のインプレッション率…画面内にAd Exchange広告が表示されたインプレッション割合

アプリトラッキング関連指標

  • スクリーン ビュー…スクリーンが表示された合計数。WebサイトのPV数と同義
  • スクリーンの平均滞在時間…ユーザーが特定のスクリーンに滞在した平均時間。Webサイトの平均滞在時間と同義
  • セッション別スクリーン数…1回のセッションでの平均スクリーン表示回数。Webサイトのセッション/PVと同義
  • スクリーン滞在時間…特定のスクリーンの滞在時間
  • ユニーク スクリーン ビュー…特定のスクリーンが1回以上表示されたセッション回数

ユーザー関連指標

  • ユーザーあたりのセッション数…ユーザー 1 人あたりの平均セッション数
  • 新規ユーザー…指定期間中にそのWebサイトを初めて訪れたユーザーの人数
  • 新規セッション率…そのWebサイトを初めて訪れたセッション数
  • ユーザー…選択した期間内に1回以上セッションしタユーザー数
  • 1 日のアクティブ ユーザー数…その日のアクティブユーザー数(その日のユーザー数と同義)
  • 14 日間のアクティブ ユーザー数…14日間のアクティブユーザー数(14日間のユーザー数と同義)
  • 28 日間のアクティブ ユーザー数…28日間のアクティブユーザー数(28日間のユーザー数と同義)
  • 30 日間のアクティブ ユーザー数…30日間のアクティブユーザー数(30日間のユーザー数と同義)
  • 7 日間のアクティブ ユーザー数…7日間のアクティブユーザー数(7日間のユーザー数と同義)

e コマース関連指標

  • ユーザーあたりの収益…ユーザー1人当たりの平均収益。Webサイト全体の売上をユーザー数で割って算出
  • ユーザーあたりのトランザクション…ユーザー1人当たりのトランザクションの平均回数。Webサイト全体のトランザクション数をユーザー数で割って算出
  • Buy-to-Detail 率…特定商品の購入数を商品の詳細ページの閲覧数で割った値
  • Cart-to-Detail 率…商品のカートへの追加回数を商品の詳細情報の閲覧回数で割った値
  • 内部プロモーションのクリック率…内部プロモーション(サイト内に掲載したキャンペーンバナーなど)のクリック率
  • 内部プロモーションのクリック数…内部プロモーション(サイト内に掲載したキャンペーンバナーなど)のクリック数
  • 内部プロモーションの表示回数…内部プロモーション(サイト内に掲載したキャンペーンバナーなど)の表示回数
  • ローカルの商品の収益…トランザクション通貨コード(Googleアナリティクス既定の通貨は米ドル)で表された収益額
  • 数量…eコマースの取引で販売された商品の個数
  • 商品の収益…商品1つあたりの収益。全体収益を販売数(数量)で割って算出
  • 商品の払い戻し額(現地通貨)…特定商品の払い戻し額を現地通貨で表したもの
  • 払い戻し額(現地通貨)…発生した払い戻し額の合計を現地通貨で表したもの
  • 商品がカートに追加された回数…商品がカート(買い物かご)に追加された回数
  • 商品の決済回数…商品が決済された回数
  • 商品詳細表示…商品詳細ページを閲覧した回数
  • 商品リストのクリック率…ユーザーが商品リストの商品をクリックした割合
  • 商品リストのクリック数…ユーザーが商品リストの商品をクリックした数
  • 商品リストの閲覧回数…ユーザーが商品リストを閲覧した回数
  • 商品の払い戻し額…特定商品の払い戻し額
  • 商品の払い戻し回数…特定商品の払い戻し回数
  • 商品がカートから削除された回数…ユーザーが商品をカートに入れたのち、削除された回数
  • 平均価格…商品あたりの平均収益
  • 商品の収益(購入平均)…購入1回当たりの平均収益
  • 平均数量…購入1回当たりの購入商品数
  • カートに追加された数量…商品がカートに追加された回数
  • 決済された商品数…決済された商品数
  • 払い戻された商品数…払い戻しされた商品数
  • カートから削除された数量…カートから削除された商品の数量
  • 払い戻し額…払い戻しの金額
  • 平均注文額…購入1回当たりの平均売上金額
  • 1 回のセッションあたりの値…セッション1回当たりの平均売上。全体売上をセッション数で割って算出
  • 払い戻し回数…払い戻しの合計回数
  • 合計値…すべてのコンバージョンの金銭的価値の合計
  • ローカルの収益…トランザクション通貨コードで表された収益額
  • ローカルの配送料…トランザクション通貨コードで表された配送料
  • ローカルの税金…トランザクション通貨コードで表された税金
  • 収益…eコマースのトランザクションによる総収益
  • 配送…eコマースのトランザクションによる総配送料
  • 税金…eコマースのトランザクションによる税金の総額
  • トランザクション数…eコマースのトランザクションの合計回数
  • e コマースのコンバージョン率…eコマースのトランザクションの割合
  • 固有の購入数…ユーザーが特定の商品を購入した合計回数

サイトの速度関連指標

  • 平均ドキュメント コンテンツ読み込み時間(秒)…ブラウザがドキュメントを解析し、遅延スクリプトとパーサー挿入スクリプト(DOMContentLoaded)を実行する際の平均所要時間
  • 平均ドキュメント インタラクティブ時間(秒)…ブラウザがドキュメントを解析(DOMInteractive)する際の平均所要時間
  • ドメインの平均ルックアップ時間(秒)…特定ページの DNS ルックアップに費やされた平均時間
  • ページの平均ダウンロード時間(秒)…特定ページの平均ダウンロード時間
  • 平均読み込み時間(秒)…特定ページの読み込みにかかる平均時間
  • 平均リダイレクト時間(秒)…特定ページを取得する前にリダイレクトにかかった平均時間。リダイレクトが発生しない場合は0になる
  • サーバーの平均接続時間(秒)…特定ページの TCP 接続(インターネットを接続する仕組み)を確立するまでの平均時間
  • サーバーの平均応答時間(秒)…ユーザーの要求にサーバーが応答するまでの平均時間
  • ドキュメント コンテンツ読み込み時間(ミリ秒)…ラウザがドキュメントを解析し、遅延スクリプトとパーサー挿入スクリプト(DOMContentLoaded)を実行する際の平均所要時間
  • ドキュメント インタラクティブ時間(ミリ秒)…ブラウザがドキュメントを解析(DOMInteractive)する際の平均所要時間
  • DOM 経過時間サンプル…特定の期間におけるDOM経過時間を測定する際に使用されたサンプル数。DOM=ドキュメント オブジェクト モデル時間
  • ドメイン ルックアップ時間(ミリ秒)…特定ページの DNS ルックアップに費やされた平均時間
  • 速度指標のサンプル…速度指標を計測するために使用するページ表示のサンプル数
  • ページ ダウンロード時間(ミリ秒)…特定ページの平均ダウンロード時間
  • ページ読み込み時間(ミリ秒)…特定ページの読み込みにかかる平均時間
  • サンプル数…平均ページ読み込み時間を計算するときに使用されたサンプル数
  • リダイレクト時間(ミリ秒)…特定ページを取得する前にリダイレクトにかかった平均時間。リダイレクトが発生しない場合は0になる
  • サーバー接続時間(ミリ秒)…特定ページの TCP 接続(インターネットを接続する仕組み)を確立するまでの平均時間
  • サーバー応答時間(ミリ秒)…ユーザーの要求にサーバーが応答するまでの平均時間

ページ トラッキング関連指標

  • 平均ページ滞在時間…ユーザーが特定のページを閲覧した平均時間
  • ページ/セッション…セッション中に表示された平均ページ数
  • 閲覧開始数/ページビュー数…特定ページにおいて、合計ページビュー数のうち閲覧開始ページだった割合
  • 閲覧開始数…ユーザーがそのWebサイトへアクセスした最初のページだった数
  • 離脱率…特定ページから離脱(サイト回遊をやめる)した割合
  • exit…特定ページから離脱(サイト回遊をやめる)した数。離脱数
  • ページの価値…特定ページを経由した目標値の合計をそのページの訪問数で割ったもの。特定ページの1セッションあたりの価値を算出
  • ページビュー数…閲覧されたページの合計数
  • ページ滞在時間…特定ページを閲覧した時間
  • ページ別訪問数…特定ページを閲覧したセッション数。ユニークページビューともいう

セッション関連指標

  • 平均セッション時間…セッションの平均時間
  • 直帰率…直帰(1ページだけ閲覧し離脱した)割合
  • 直帰数…直帰(1ページだけ閲覧し離脱した)数
  • ヒット数…Googleアナリティクスに送られるヒット(Webサイトのアクセス単位の一種)数の合計
  • セッション時間…特定セッションの長さ
  • ユニークなディメンションの組み合わせの数…ディメンションと値のユニークな組み合わせの数をカウントしたもの。ディメンションA(例えばチャネル)とディメンションB(例えば地域)を組み合わせて計測することで、SEO対策は地域性を重視したほうがいいといったことがわかる
  • セッション…期間内の合計セッション (訪問数)の合計

カスタム速度関連指標

  • 平均カスタム速度(秒)…計時用コードの実行にかかった平均時間
  • カスタム速度(ミリ秒)…計時用コードの実行にかかった時間
  • カスタム速度のサンプル…平均カスタム速度の計測に用いたサンプル数

サイト内検索関連指標

  • 平均検索深度…検索後に閲覧された平均ページ数
  • 検索後の時間…ユーザーが検索後にサイトに滞在した平均時間
  • 結果のページビュー数/検索…検索結果ページのページビュー数 / 合計ユニーク検索数
  • 検索による離脱数の割合…検索による離脱数 / 検索を伴うセッション数
  • 再検索数の割合…ユーザーが検索を行った直後に再検索した回数
  • 検索を伴うセッション % 個…検索を伴うセッションの割合
  • 検索深度…特定の検索後に閲覧されたページ数
  • 検索後の時間…特定の検索後にサイトに滞在した平均時間
  • 検索結果の離脱…サイト内検索の検索結果ページでサイトを離脱した回数
  • 再検索数…ユーザーが検索を行った直後に再検索した回数
  • 検索回数の合計…ユーザーがサイトを検索した回数
  • 検索を伴うセッション…サイト内検索を行ったセッション数
  • 結果のページビュー数…検索結果ページのページビュー数
  • サイト検索の目標コンバージョン率…サイト内検索を行った訪問でコンバージョンを達成した数の割合

イベント トラッキング関連指標

  • 平均値…発生したイベントを平均値
  • イベントの値…発生したイベントの合計値
  • イベント数/イベントの発生したセッション…1回のセッションで発生したイベントの数
  • 合計イベント数…イベントが発生した回数の合計
  • ユニーク イベント数…1 人のユーザーが 1 回のセッションでコンテンツに対して起こしたイベント数
  • イベントの発生したセッション…イベントが1件以上発生したセッションの合計数

例外指標

  • 例外…クラッシュなどの例外(エラー)件数の合計
  • 例外/スクリーン…1回のセッション中に発生した例外(エラー)の平均件数。アプリ解析の指標
  • クラッシュ…クラッシュの原因となった例外(エラー)の件数
  • クラッシュ/スクリーン…スクリーンあたりの平均クラッシュ数。アプリ解析の指標

トラフィック

  • オーガニック検索…オーガニック検索(自然検索)でのセッション数

ソーシャル インタラクション関連指標

  • アクション…発生したソーシャルアクション(いいね、リツイートなど)の数
  • ソーシャル セッションあたりのアクション…1セッションあたりのソーシャルAction数
  • ユニーク アクション…指定したソーシャルアクションが1回以上発生したセッション数

まとめ

今回は、Googleアナリティクスの指標(メトリクス)を一覧化しました。普段よく目にするものもあれば、見たことがないものもあったと思います。

Googleアナリティクスの設定によって使えない指標もあるため、Googleデータポータルから出力しています。また、頻繁に指標の名前が変わったり、新しいものが追加されたり、もともとある物が変わったりするため、定期的に更新していきたいと思います。

正直、今回紹介したもののうち、覚えておいた方がいいものは3割程度と思います。しかし、サイトの形式や施策内容によっては、指標を知らないと欲しいデータが取れないかもしれません。
ぜひブックマークして、必要になった時の参考にしていただけたらと思います。

次回はGoogleアナリティクスの「ディメンション」を一覧化して紹介したいと思います。
最初に紹介した通り、Googleアナリティクスは「ディメンション」と「指標(メトリクス)」を組み合わせてほしいデータを確認し、サイトの改善に活かすものです。
ディメンション一覧と合わせて、Googleアナリティクス利用時のチートシートとして活用していただけたらと思います。