中小企業が「今」Facebook広告を活用すべき理由とは?

7a8733e2aaa3cc5e966e21755bc59ea1a710a057
中小企業が「今」Facebook広告を活用すべき理由とは?

Facebook広告は、緻密なターゲティングが可能なので広告の最適化が図りやすい媒体です。あまり広告に費用をさけない中小企業にこそおすすめできる広告がFacebookです。

「Facebook広告を出すメリットは?」

「Facebook広告について詳しく知りたい!」

今回はこのような悩みを抱えてる人のために、Facebook広告がどのような効果があるのか解説していきます。

中小企業こそFacebook広告を活用しよう

中小企業が売り上げを向上を目的としているなら、Facebook広告がオススメです。Facebook広告は、Facebook上で広告を出稿できるだけではなく様々なプラットフォームで出稿が可能です。(例:メッセンジャー、Instagramなど)

ビジネスシーンで使うことが多いツールですが、そのようなツールにピンポイントにリーチできるという点がFacebook広告の最大のメリットです。

Facebook広告はコストを抑えながら出稿することも可能なので、少ない広告費で配信したい人には最適です。さらに複数の企業での成功事例があり、ECサイトの売り上げ向上や、サロンの予約率アップなどにつながっています。

ライバルが多いリスティング広告に費用を割くよりも、ピンポイントで出稿できるFacebook広告のほうが、中小企業には向いています。

Facebook広告を使う4つのメリット

Facebook広告には、大きく分けて4つのメリットがあります。

Facebook広告のメリット

Facebook広告のメリット

ここからはこれらのメリットについて細かく解説していきます。Facebook広告を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ターゲティング精度が非常に高い

Facebook広告の最大のメリットは、ターゲティング精度の高さにあります。

リスティング広告では、キーワードを選定して広告の最適化を図る必要があります。キーワードである程度属性が絞れるとはいえ、緻密に絞るのは難しい場合もあります。しかしFacebook広告の場合は以下のターゲティングが可能です。

Facebook広告の ターゲティング内容

Facebook広告のターゲティング内容

これらを参考に、ターゲティングが可能です。

たとえば美容系の商品をリーチしたい場合で、例を挙げると以下のようになります。

広告設定の例

広告設定の例

ここまで、ターゲティングができれば、あとは出稿するのみです。ターゲティングを細かく設定しておくと、CPAやCVRの向上につながります。

ユーザー層に応じたトラッキング機能

広告を出稿する際ですが、ある程度ユーザーの動きをトラッキングして配信されています。リスティング広告の場合は、リマーケティングの設定をしていれば、アクションを起こすまで同じ広告が表示されます。

しかしいくらリーチしたところで、ユーザーの購買意欲・登録意欲がなければクリックされることはありません。当然CVにつながることもありません。

Facebook広告の場合は、FacebookID別でトラッキングを行うことから、ユーザー層別でデータ計測が可能です。リスティングのような大幅なトラッキングではなく、ピンポイントでトラッキングして計測できるのはかなりのメリットと言えるでしょう。

様々な目的に対応している

Facebook広告は、様々な目的での配信が可能です。

企業によって取り扱うサービスが異なるため想定している目的は企業ごとに異なります。Facebookでは企業ごとの目的に合わせて配信目的を選べます。

認知度アップの目的でリーチを増やしたり、検討段階の方へのアプローチとしてアプリのインストールを促したり、投稿へのエンゲージメントを増やしたり、CVとしてカタログ販売を目的とすることもできます。

もちろんブログの集客などにも活用可能であり、導線を張ってマネタイズもできます。自社製品がある場合は購買に使えますし、サービス登録にも活用できます。

FacebookはSNSであり、利用頻度が高いからこそ様々な目的での広告出稿が可能です。

リスティング広告のように、”キーワードを検索したとき”ではなくFacebookを開いた時が訴求のポイントになります。

Instagramへの出稿が可能

Facebook広告ではInstagramへのリーチが可能です。Facebookの利用者というのは、全盛期に比べると年齢層に偏りがあり若年層へのアプローチは難しいという意見もあります。

ですがFacebook広告には様々なフォーマットがあり、その範囲内で出稿ができるため若年層へのアプローチを検討している方はInstagramへの出稿を選ぶこともできます。

Instagram用の広告フォーマットは、写真を数枚組み合わせて作成するだけの簡単なもので、比較的簡単に広告を出稿できます。ターゲットによってはFacebook上でリーチするよりも、Instagramでリーチしたほうが広告の最適化ができます。

中小企業がマーケティングで使えるFacebook広告の例を紹介

Facebook広告が中小企業に向いているといわれても、なかなかイメージが湧かないという方も多いのではないでしょか。ここからは活用を想定した例をご紹介いたします。Facebook広告はピンポイントに広告がリーチできるため、CVにつなげたい人は把握しておきましょう。

求人情報を活用した採用活動

求人媒体に、情報を掲載するとなると費用が掛かります。少なく見積もっても10万円以上の費用が掛かるので、ロングテールで行う採用活動にはコスパが悪いでしょう。

しかしFacebook広告を使えば、その問題も解決できます。Facebook広告では、求人に関する広告も出稿可能です。Facebook広告のメリットであるターゲティング機能を活用して、ピンポイントでほしい人材像に合わせた層に訴求が可能です。

ヘアサロン予約

Facebook×ヘアサロンというのは相性抜群であり、Facebook広告を活用することでより効果を発揮させられます。実際、ヘアサロンのHPをFacebookページで作成しているところも少なくありません。

Facebook広告では特定のエリアに住んでいる人をターゲティングして広告を出稿できるので、ヘアサロン予約の訴求にも向いています。これはヘアサロンに限らず、他の予約系サービスでも同様なので、活用すると良いでしょう。

最近ではペットサロンの予約にもFacebook広告が使われることが多くなっています。このことからもエリアターゲティングを行いたいビジネスとの相性が良いということがわかりますね。

ECサイトの購入促進

自社でECサイトを構えているなら、販売したい商品別で広告を作成してユーザー分析の元訴求すると良いでしょう。この場合集客が目的なのか、購入が目的なのかで広告配信の方法が変わります。

集客が目的の場合は、サイトへの流入数を増加させればよいのでターゲットを絞りすぎる必要はありません。しかし購入が目的の場合は、商品別で訴求する必要があります。

商品ごとにターゲティング設定が必要なので、細かな設定が必要になりますが細かく設定することでピンポイントでリーチできるため、CVRの向上につながります。

中小企業が「今」Facebook広告を活用すべき理由とは? まとめ

今回は中小企業が「今」Facebook広告を活用すべき理由について解説しました。

Facebook広告は他の広告に比べると、細かなターゲティング設定ができるため狙った層に対して的確に訴求できます。広告費を抑えたい中小企業にとっては、コスパよく配信できるFacebook広告は相性抜群でしょう。

ただしターゲティングはデータに基づき行うようにしましょう。思い付きのターゲティングでは、無駄に出稿してしまうだけなので効果は期待できません。まずは今までのデータを基に分析を行ってから、広告の目的を定めてターゲティングを行いましょう。