【実績】顧客を飽きさせないクリエイティブで月400件のCV数を獲得!【Instagram広告】

7a8733e2aaa3cc5e966e21755bc59ea1a710a057

Instagram広告運用成功事例

今回はInstagram広告を実際に弊社に依頼いただいたお客様の実績について紹介いたします。

クライアント様情報

  • 成果の出る運用をしてもらえるのか
  • リスティング広告とInstagram広告の組み合わせで効果が出るのか

今回のクライアント様は以前、別案件と合わせて他代理店にてリスティング広告を出稿していらっしゃいました。その後案件の絡みがなくなり、弊社にご連絡いただきました。リスティング広告運用はもちろんですが、それ以外で認知拡大ができるようにディスプレイ広告を提案し、その後にInstagram広告をスタートさせました。

今まで他代理店にて広告運用を行っていたクライアント様なので、Web広告を出すことについてお悩み等をお持ちではありませんでしたが、「きちんと効果を出してくれるのか」という点を気にしていらっしゃいました。

Instagram広告ではサイトの各ページへの送客(クリック)をCVとし、運用していました。サイトへ訪問していただくことが重要になるため、Instagram広告特有の目的設定の部分を「トラフィック」に設定して運用しました。クライアント様の業種がInstagramのユーザーとマッチしているため、いわゆる「インスタ映え」するような内装写真をクリエイティブとして使用し、CVを促していました。

またできるだけ多くのサンプルをクリエイティブで見せることで、ユーザーの飽きを防ぎ送客を促進しました。問い合わせに至る前にしっかりとサービス内容を理解していただけるような仕組みを心がけることで効果に結び付けています。

運用担当者からのコメント

運用のコツ

内装建材のメーカーという業種がInstagramを利用しているユーザー層とマッチしているため、効果が表れるのが比較的早かった印象があります。とは言え、ユーザーがクリエイティブに飽きてしまえばCV数も減っていくため、複数のサンプルをクリエイティブとして用意しておき、ユーザーに飽きさせないような工夫を行いました。

問い合わせに繋げれば売上に直結するのですが、今回は認知を目的とした広告出稿のため送客数をCVとして、数多くのユーザーに存在を知ってもらえるように運用しました。広告を見て商品ページへ遷移し、商品のことを知ったうえで問い合わせするというストーリーを組み、複数のクリエイティブを使い配信を行いました。

今後の運用について

現在の運用がユーザーからの反応もとてもよく、クリック単価¥14とコストも抑えられておりますので、このままの数値を維持したいです。そのためにも、ユーザーに飽きられないように画像を変更するなどをクライアント様に打診していこうと考えています。

まだご契約いただいたばかりのクライアント様になるため、信頼関係を築いていけるよう定期的なMTで不安をお伺いし、取り除けるように寄り添っていきたいと考えています。

定期的な打ち合わせ

予算に関して

アイビスの運用代行はヒアリングに基づいた入念な市場調査からスタートいたします。数多くのサービスの中から適切な広告手法を提案いたしますので、ぜひご相談くださいませ。
運用代行費などの詳しい予算に関しましては、下記からご確認くださいませ。