セミナー
マーケティングプランナー、広告ディレクター、運用担当者など、現場のプロが登壇する実践型セミナー

【8/5,6,7|無料ウェビナー】コロナ禍の今だからこそ見込客を獲得できる!ウェビナー開催の成功パターン

当セミナーは会場での開催ではなく、Zoomを使ったウェビナー(オンラインセミナー)となります。
お好きな場所からご参加いただけます。

2019年の年末から徐々に拡大し、世界経済を襲ったコロナウィルス。

日本国内でも外出自粛や休業要請などにより、従来の販売促進や営業手法が実行できない状況です。帝国データバンクによると、2020年7月14日時点ですでに336社以上の企業が倒産しています。帝国データバンクに登録されていない中小企業や、破産手続きが完了していない企業などを含めると、実際の倒産企業数はさらに増えると推測されます。新規感染者が再び増加している中、第二波に備えて体制改善を実施していない企業は倒産リスクが非常に高い状況です。

しかし、このような状況下でも倒産や大幅な下方修正を避けられた企業が存在しています。では、それらの企業はどのような対策をとったのでしょうか?

その答えの一つが「Webマーケティングの導入」です。
店舗集客や訪問営業・テレアポが万全に実施できない状況で、Webマーケティングに迅速に取り組んだ企業の多くは業績を維持、むしろ改善に成功しています。柔軟でスピーディーに対応し、シェアを拡大している中小企業も少なくありません。

そこで当シリーズウェビナー【売上を増やす三大Web施策!見込客の獲得数UP・商談率UP・受注率UPの秘訣】では、コロナウィルス禍で有効なWebマーケティングをテーマに、今取り組むべきWebマーケティング手法を全3章に分けて紹介します。

【シリーズウェビナー】
売上を増やす三大Web施策!見込客の獲得数UP・商談率UP・受注率UPの秘訣・第1章:コロナ禍で見込客を獲得できる「ウェビナー開催の成功パターン」
→開催日…8/5(水),8/6(木),8/7(金)
・第2章:見込客の商談率を向上する「コンテンツマーケティング」
→開催日…8/20(木)
・第3章:見込客の受注率を向上する「顧客情報管理・マーケティング自動化」
→開催日…9月末

第1章:コロナ禍で見込客を獲得できる「ウェビナー開催の成功パターン」ウェビナーの概要

収益アップに直結する「見込客の獲得方法」は、コロナ禍に適応しなくても良いのか

弊社の答えは「必要」です。
2019年末から徐々に広まったテレワーク促進や外出制限により、弊社ではセミナーにて獲得できていた見込客が減少しました。その変化を感じ取った弊社は、開催方法を「参加者を会場に呼ぶセミナー」から「オンライン・Web上で行うウェビナー」に切り替えたことで見込客の減少によるダメージ、すなわち収益の減少を軽減・回復することができました。また、以前は訪問できなかったエリアの見込客も獲得できたことを含む、さまざまなメリットを感じたため定期的に開催しています。

このような経緯から「ウェビナー」はコロナ禍において効率良く見込客を獲得する手段であると実感し、そのノウハウを「ウェビナー開催の成功パターン」として、シリーズウェビナーの第一章として紹介することとなりました。

第一章である当ウェビナーでは、裏付ける弊社の開催実績や成功・失敗エピソードをもとに成功パターンを紹介します。開催実績データとして、例えば下記グラフが自社ウェビナーの成果です。

左側のグラフは参加者数の比較表です。参加者を会場に呼ぶ「セミナー」と、Web上の専用アドレスに呼ぶ「ウェビナー」では、セミナー会場のキャパシティーに制限されない後者が423%に増加しました。参加者が多すぎるとウェビナー内のサポート品質が低下するため、早い段階にて参加申込みを締め切ったのですが、締め切らなかった場合はさらに参加者数は増加していたと推測します。

また、右側のグラフは商談率の比較表です。会場に行かなくても良い「ウェビナー」は確度が低い見込客が集まりやすい傾向がありましたが、集客方法の工夫次第では「セミナー」とほぼ同じ商談率を実現できました。

しかし、ただウェビナーを開催するだけでは、このような結果にはなりません。開催する目的に合わせてウェビナーの内容を決め、狙ったターゲット層に合わせた集客を実施する必要があります。さらにアフターフォロー方法まで意識しなければ、最終的な目的である収益に繋がらず、費用対効果が低い結果になる可能性もあります。

ここまで読まれた方は「考慮することが多くて、ウェビナー開催は大変そう」と感じるかもしれません。当ウェビナーでは、そのような方が「成功するウェビナー」をスムーズに開催できるノウハウを、各種データやウェビナー実施経験をもとに紹介します。

もちろん、業界や企業によって課題や有効なWebマーケティング手法は異なります。当ウェビナーシリーズが、貴社のWebマーケティングの取り組みのきっかけになればと思います。
新型コロナウイルスの影響で、これまでのマーケティング施策の成果が低下した、Webマーケティングの必要性は感じているが活用方法がわからないという方は、ぜひご参加ください。

豪華特典!ウェビナー開催前に知っておくべき「ウェビナーのトラブル対策集」をプレゼント!

ウェビナーを開催する側として、心配になるのが「どのようなトラブルが発生し、どう対策すれば良いか判らない」という点です。参加者のインターネットやパソコン環境の影響を受けやすいウェビナーは、セミナーに比べて技術的なトラブルが起きやすいことも事実です。

同時にそのような技術的なトラブルは、ある程度パターンが決まっており、事前に対策することも可能です。そこで当ウェビナーでは、弊社が経験したトラブルとその対策をまとめた「ウェビナーのトラブル対策集」をプレゼントします。ご応募の方法はウェビナー内にて紹介しますので、ぜひご参加ください。

このセミナーで得られる知識・スキル

  • コロナウィルスの影響と、ウェビナーが求められている理由
  • ウェビナーの基礎知識:概要、特徴、成功パターン、トラブルと対策方法
  • コロナ禍におけるウェビナー成功・失敗事例

こんな方にオススメのセミナーです

  • すぐに見込客を獲得する必要がある、ウェビナーを開催する必要がある方
  • コロナウィルスの影響によりウェビナーを導入検討している、導入した方
  • ウェビナーを導入したが成果が出なかった方、費用対効果が落ちてきた方
  • ウェビナーについて代理店に任せきりだが理解しておきたいWeb担当者
  • ウェビナーの費用対効果改善を、クライアントに提案したい代理店担当者

このセミナーの特徴

  • ウェビナー初心者用に、概要から導入事例までを丁寧に解説
  • 現場でウェビナーを実施・提案している担当者が登壇
  • ウェビナーを実際に開催しなければ判らないノウハウやトラブル対策を紹介

セミナー内容・カリキュラム

  • コロナ禍にてウェビナーを実施する理由
  • 弊社の実例紹介
  • ウェビナーのメリット・デメリット
  • ウェビナー準備から開催後までのフロー
    (目的、ターゲット、ツール、企画、実践、フォロー)
  • まとめ
【講師】
株式会社アイビス webコンサルタント 米田尚貴
住宅建材の営業を経て広告業界に転身。「顧客の売り上げ拡大」を一番に考え、課題解決にコミットする提案に定評がある。

【講師】
株式会社アイビス 採用コンサルタント 李秀仁
これまでアパレル・人材業界において営業マネージャーとして従事。「多方面からの情報×数字分析」を武器に、企業のマーケティングから採用までサポート。また「企業の活性化」をモットーに、企業間のマッチングも行っている。

開催日時・参加方法

日時 下記日程からお選びいただけます。どの日程も同じ内容となります。
・2020年8月5日(水)10:30~12:00 ※募集終了しました。
・2020年8月6日(木)10:30~12:00   ※募集終了しました。
・2020年8月7日(金)16:00~17:30
参加費 無料
講師 ・株式会社アイビス webコンサルタント 米田尚貴
・株式会社アイビス 採用コンサルタント 李秀仁
会場 Zoomを用いたウェビナーです。お好きな場所からご参加頂けます。

ウェビナー参加方法

申込後にお送りする案内メールに記載されている参加URLより参加していただけます。
※PCだけでなく、タブレットやスマートフォンでも参加可能です。
※ウェビナー後の資料送付をスムーズに行うためURLは複数名で共有せず、お一人ずつ申込をお願いします。
※ウェビナー前日になっても参加URL記載されたメールが届かない場合、迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性がございます。
※セキュリティーにより参加URLにアクセスできない可能性もございます。その場合は、個人のタブレットやスマートフォンでの参加をお願いいたします。

セミナーお申し込みフォーム

下記フォームに内容をご記入の上、送信ボタンをクリックしてくださいますようお願いいたします。