ダウンロード
Webマーケティング、広告担当者の手元においておきたい厳選コンテンツを無料プレゼント

初めてのYouTube広告~全53ページ

YouTubeの利用者は全世界で20億人、日本国内で6,200万人以上もいます。元々YouTubeは音楽やゲームなどエンターテインメント分野の動画がほとんどでしたが、最近では政治や教育、趣味やペットなど多岐にわたる分野の動画が人気を集めています。2019年の小学生の就きたい職業の第一位に「YouTuber」が選ばれるなど、単なる動画のプラットフォームを超えた新しい生活の一部になっているといえます。

また昨今のコロナウイルスの流行により、動画を視聴する人も時間も増えています。そこで、今YouTube広告が多くの企業から人気を集めているのです。利用者が多くなっているため多くの企業がこぞってYouTube広告を出稿しています。

今回はそんなYouTube広告についての資料を公開いたします。どういう種類があるのか、広告代理店に依頼するメリットなど細かく紹介していきます。

YouTube広告をビジネスに活用するのはもう当たり前

YouTubeは幅広い年代層が様々な目的に利用しています。大学生の約4割はYouTubeを学習に利用しているというデータがあるそうです。同様に社会人がビジネス目的の学習や情報収集をYouTubeでおこなう事例も増えています。

YouTubeをビジネスに活用するには大きく3種類があります。

YouTubeをビジネスに活用する3種類の方法

資料より抜粋

YouTubeのビジネス活用①インフルエンサーマーケティング

タイアップとも呼ばれる、人気YouTuberに商品お試し動画などを投稿してもらうマーケティング手法です。人気YouTuberなどはファンと強い信頼関係を持っている場合が多いため、そういったYouTuberに商品を紹介してもらうことで購買意欲を高めることが期待できます。

また昨今では商品購入やサービスを利用する前に動画を見て情報収集することが一般的になっています。

YouTubeのビジネス活用②YouTubeチャネルの運用

Webサイトでの情報発信は多くの企業が行っていますが、近年では自社のYouTubeチャンネルを運用する事例が増えています。YouTubeであれば媒体が持つ大きな集客力を活用できるだけでなく、テキストや画像では表現できない深い情報・体験を伝えることができるからです。

YouTubeチャンネルはプロの動画クリエイターから趣味で動画をアップしている人まで、様々な人が利用しています。比較的参入のハードルが低い方法と言えます。YouTubeをビジネスに活用するならば、まずチャンネルを立ち上げることから始めてみるのがおすすめです。

YouTubeのビジネス活用③YouTube広告

今回着目していくのは「YouTube広告」です。インフルエンサーマーケティングは大きな効果が期待できますが、人気のYouTuberは芸能人を起用する場合と同じくらいの費用が掛かる場合があります。さらに新しい手法のため成功法則が見つかっていないため、社内で取り組むにはハードルが高すぎます。

YouTubeチャンネルの運用も、開始のハードルが低くても継続的な運用コスト、動画制作のノウハウなどが課題になってしまうため始めてからの運用が難しいという点があります。

その点YouTube広告は月数万円という低コストで始められるだけでなく、戦略的・計画的に運用することができます。成功事例も多いため、しっかりと戦略を学んでから実践できるため大失敗に終わるリスクもほとんどありません。

これからYouTubeをビジネス活用していくには、最初に試したい施策です。

YouTube広告の魅力

動画広告市場は他のWeb広告に比べて、大きく伸びています。リスティング広告やディスプレイ広告・SNS広告などと併用して相乗効果を狙う事例も多くあります。動画広告の市場は今後数年間伸び続けていき、2023年には2019年の2倍になる見通しが立っています。

もちろん5Gの普及や、動画プラットフォームの増加等によりさらに伸びる可能性もあります。

TwitterやInstagramでも動画広告を出稿することはできますが、基本的に音声がオフになった状態で、表示されてしまいます。動画はビジュアルと動き・音声で豊富なメッセージを伝えられるところに強みがあるため、音声オフで表示されてしまうのはとてももったいないです。

YouTubeならほぼ間違いなく、音声ありで伝えたいメッセージを十分に伝えることができるのでおすすめです。

【初めてのYouTube広告】 無料ダウンロード

今回プレゼントする資料は、YouTube広告を出稿するために必要な知識をまとめている資料です。YouTube広告についてより知識を深めたければ、広告代理店に相談するのもおすすめの方法です。

総合的な広告代理店に相談することで、自社の商品やサービスの訴求にYouTube広告が向いているのかどうか、向いていない場合はどんな広告が向いているのか見てもらうこともできます。

まず一度資料をダウンロードしてみてください。

ダウンロード用フォーム

下記フォームに内容をご記入の上、送信ボタンをクリックしてくださいますようお願いいたします。