ダウンロード
Webマーケティング、広告担当者の手元においておきたい厳選コンテンツを無料プレゼント

【初めてのWeb広告】代理店に依頼する前に~全65ページ

初めてのWeb広告

マーケティングに関わる人間であれば、Web広告という言葉を耳したことはあるのではないでしょうか。Web広告に興味はあっても難しそうで抵抗があるという方も多いですが、今日はそんな方に向けて初めてのWeb広告というテーマをご紹介いたします。

Web広告についての知識はもちろん、広告代理店を探している方に向けた選び方や、一度自分で試してみたい方向けに必要なポイントも資料化しているので、ぜひご一読ください。

日本の広告投資割合

日本の広告投資割合

2019年、日本の広告投資割合はWeb広告が最大の割合を占め、今まで主流であったテレビ、新聞、ラジオを追い抜きました。Web広告は企業規模や広告予算の大小にかかわらず、すべての企業に活用できるチャンスがあるため、中小企業での活用が広がっていることが理由として考えられます。

そもそもWeb広告とは?

Web広告とは「インターネット媒体上に掲載される広告」の総称です。広告枠を持つWebサイトやアプリに掲載され「インターネット広告」「デジタル広告」「オンライン広告」などの呼び方がありますが、今回は「Web広告」に統一してご紹介します。

Web広告では、様々なメディアサイトや検索サービス、メール、SNSの広告枠を利用し、自身の商品・サービスの情報を潜在顧客に届けられます。

Web広告の主な種類

Web広告の種類

Web広告には無数の手法があります。細かく種類を分けると数十種類に分類できますが、今回の資料では主要なものを大きく7種類に分けてご紹介いたします。この7種類さえ理解しておけば、今後Web広告を出稿・検討する際のヒントにできるでしょう。

Web広告で最も重要なことは、運用スキルやクリエイティブ力ではなく「広告手法を選ぶこと」です。手法によって得られる効果が異なるため、手法を選んだ時点で期待できる成果はほとんど決まってしまいます。ブランディングに強い手法でクロージングを促しても効果はでないため、広告を出稿する際は広告の役割を明確にしておきましょう。役割を明確にしたうえで、適切な手法を選ぶのが賢いWeb広告出稿の方法です。

Web広告の強みと弱み

Web広告は低予算で始められる優れたマーケティング手法ですが、適切に活用するためにはWeb広告についての知識が必要です。

Web広告の強みと弱み

Web広告はその他の媒体となにがちがうのか。つまりテレビや新聞、雑誌などと比較してどんな強み、弱みがあるのかを知っておきましょう。今回の資料では強み弱みの紹介だけでなく、1つ1つの要素について解説しています。

Web広告の5大原則

Web広告は万能の手法ではありません。急速にWeb広告が広がったことにより積極的に活用する企業は増加しています。ですがWeb広告は万能ではないため、原理原則を知らずになんとなく導入してしまうと、ブランド棄損や予算の損失などによる大きな被害を受けることもあります。Web広告には失敗しないための5大原則があります。本資料で紹介するこの5大原則を知ってから広告を出稿すれば、失敗のリスクは減少するでしょう。

たとえば、Web広告には出稿までの計画段階で成果のおよそ8割が決まってしまうという原則があります。Web広告の強みでご紹介したように、「数字が取れる」ことがWeb広告の魅力です。この魅力を活かすためにも「どの広告手法にどの程度の費用を投資し、どの程度の成果を得るか」を明確に事前に決めておく必要があります。その他の原則については、資料にてご確認くださいませ。

Web広告5大原則は「失敗しないための知恵」です。Web広告を成功へ導くためのテクニックではありません。ブランド棄損や大きな予算の損失を防ぐために、必ず原則を理解したうえで広告を出稿しましょう。

Web広告を支える仕組み

Web広告の種類や強みなどを理解していても、「よくわからない」という印象が邪魔をして広告出稿に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。Web広告の手法は大量にあるだけでなく、頻繁にアップデートを繰り返されているため個々の仕様を徹底的に理解することは難しいでしょう。ですが、Web広告を支えている「4つの仕組み」を理解しておけば、Web広告のイメージをつかむことができます。

Web広告を支える仕組み

Web広告を理解するうえで欠かせない仕組みが「cookie」「ターゲティング」「オークション」「自動化」の4つです。「cookie」はWebサイトを訪問したユーザーのブラウザに情報を保存する仕組みで、Web広告に欠かせない「ターゲティング」に活用されています。「オークション」や「自動化」はWeb広告特有の仕組みで、データを活用しながら広告運用するために必要な仕組みです。この仕組みについては、資料で詳しく説明しておりますので、ぜひご一読ください。

広告代理店にWeb広告の運用を依頼しようと考えている方もこのような基本的な仕組みを理解しておくと、建設的に運用戦略の立案が可能になるため本資料をダウンロードしてWeb広告の基礎知識を学んでおくことがおすすめです。

広告代理店の選び方

Web広告の仕組みは非常に複雑で、成果を生むには専門的なスキルが求められます。ダウンロード資料には実際に広告出稿を簡単に行う方法が紹介してありますが、社内のリソースや目的から考えて、適切なタイミングで広告運用のプロ「広告代理店」に依頼することがおすすめです。

その場合、広告運用のコンサルティング・運用代行をしてくれる広告代理店を探すことになりますが、各代理店によって特徴が異なります。自社に合う広告代理店を選ばないと望んだ成果が得られないだけでなく、契約トラブルのもとになる可能性がありますので、広告代理店選びには注意が必要です。

無駄なトラブルを引き起こさないためにも広告代理店の選び方を「運用体制」と「能力」から考えてみましょう。

広告運用のプロを頼む

一言でWeb広告の運用を代行する会社といっても、体制や方針はさまざまです。運用体制を見ればその広告代理店が「広告運用」で何を大切にしているかがわかります。広告代理店にもタイプがあり、リスクヘッジを第一に考える代理店、CPA最適化を第一に考える代理店、説明責任や広告主との協力体制を重視する代理店などがあります。

広告代理店選びで最も重要なことは、「ともに事業成長を目指すビジネスパートナー」となってくれるかどうかです。本資料ではビジネスパートナーとなってくれる広告代理店を見つける方法を解説しております。運用体制だけでなく、広告運用に関するスキルチェックについても解説しております。事業成果につながる広告代理店かどうかをある程度予測できるように、事前知識を集めておきましょう。

【初めてのWeb広告】代理店に依頼する前にを無料ダウンロード

今回プレゼントする資料は、Web広告を出稿するために必要な知識をまとめている資料です。広告についてより知識を深めたければ、ご自身で広告を出稿してみて運用してみるという方法があります。資料の最後11ページで、ご自身での広告出稿の方法をご紹介しておりますので、そちらをご覧くださいませ。

ですがやはり広告運用には専門的な知識や時間が必要になります。自社にリソースがなかったり、本当に効果の出る広告を出稿したいと考えている方は広告代理店への依頼がおすすめです。本資料に記載しております「広告代理店の選び方」を参考に、自社に合う広告代理店をお探しくださいませ。

ダウンロード用フォーム

下記フォームに内容をご記入の上、送信ボタンをクリックしてくださいますようお願いいたします。