ダウンロード
Webマーケティング、広告担当者の手元においておきたい厳選コンテンツを無料プレゼント

【今日から始めるSEO対策】SEO対策の全体像と基本理念~全52ページ

【今日から始めるSEO対策】SEO対策の全体像と基本理念~全52ページ

数あるWeb集客方法の中でも、GoogleやYahoo!からの検索流入は多くのWebサイトにとって最大の経路です。SNSやアプリが普及した今でも、多くの人が検索を通じて情報を探しています。

検索エンジンの流入割合は50%以上

画像:Webサイトの集客チャネルシェア SNSが発達した今もユーザーの主要な情報収集手段は検索である。

SEO対策自体は10年以上前から多くのWeb担当者の課題でした。以前はSEO業者が乱立し、相互リンクページに大量のリンクを貼ったり、ダミーサイトを作って被リンクを生み出す「リンク購入」や、キーワード含有率を上げたり、隠しテキスト、meta keywordを埋め込んだりといった、今でいう「ブラックハットSEO対策」が横行していました。
しかし、Googleのアルゴリズムが進歩し、こうした小手先のSEO対策は通用しなくなりました。

Googleのアルゴリズムアップデートの歴史

資料より引用:Googleは様々なアルゴリズムアップデートでブラックハットSEO対策に対応し、ユーザーの検索体験を向上させてきた。

そこで今回、「今日から始めるSEO対策」と題して、SEO対策の全体像や理念が分かるダウンロード資料を無料プレゼントします。
全52ページにわたって、小手先ではなく本質的なSEO対策の方法や考え方を紹介するので、自社のSEO対策にご活用ください。

「今日から始めるSEO対策」資料内容

「今日から始めるSEO対策」はこれからSEO対策に取り組もうとされている方、小手先のテクニックで効果が出ず悩んでいる方向けの資料です。そのため「SEO対策とは?」「SEO対策に出てくる用語」など基本的な内容に始まり、「Googleが目指すもの」「検索体験・検索意図の理解」といった理念や考え方、そして具体的なテクニックとして、「タイトル・ディスクリプションの書き方」などを紹介します。
SEO対策の予備知識がなくても全体像が学べるのでご安心ください。

それでは、今回プレゼントする「今日から始めるSEO対策」をいくつかピックアップしたいと思います。

SEO対策用語集

SEO対策用語集

資料より引用:SEO対策には様々な専門用語が登場する。今後の学びのためにも基本的な用語を抑えておこう。

SEO対策は企業が本腰を入れて取り組むべきマーケティング活動です。SEO対策によりWeb集客を伸ばすには、最新の専門知識を学んだり、専門家の協力を仰いだりする必要があります。
本資料の第2部では、「SEO対策用語集」として、SEO対策によく出てくる専門用語を35種類紹介します。ここに出てくる用語を一通り知っておけば、SEO対策を実践していく際にもスムーズでしょう。

検索意図の理解

SEO対策において、一番重要だと考えているのが「検索意図の理解」です。Googleは検索エンジンの役割ユーザーの検索意図を満たすコンテンツを表示させることだと考えています。
第3部では、検索意図を深堀します。検索意図とは何かといった基本的なことから、Googleが提唱する「4つの検索意図」に対して、それぞれ具体的にどのように検索結果が変化するかを見ていきます。

検索意図の理解

資料より引用:Googleは「ユーザーの検索意図」を満たすことを重視しており、検索エンジンはユーザーの検索意図を正しく読み取り、検索意図を満たすコンテンツを見つけて適切な形で表示するために存在している。

また、Googleが提供するサービスのすべてに通ずる企業理念である「10の事実」から、SEO対策に特に関係するものを5つ紹介します。

Googleの10の事実

資料より引用:Googleが掲げる「10の事実」は、Googleの企業理念でもあり、検索エンジンはもちろんすべてのサービスに反映されている。例えば、スピードアップデートやページスピードインサイトは「遅いよりは速いほうがいい」という事実に基づいて実施・提供されている。

Googleは大小含め1年に数百回ものアルゴリズムアップデートを行っています。検索順位の変動がいつも話題になりますが、こうしたアップデートに一喜一憂する必要はありません。アップデートはすべて「10の事実」に基づいて実施されるため、10の事実に沿ったWebサイト、コンテンツを提供すればいいだけです。

Googleが考えるいいWebサイト像

第3部では、Googleの理念に基づいて「検索意図」を深堀していきました。では、GoogleはどのようなWebサイト、コンテンツを「検索意図を満たしている」と考えているのでしょうか
第4部ではGoogle公式の発表や過去のアルゴリズムアップデートをさかのぼり、Googleが考えるいいWebサイト像を探っていきます。

品質評価ガイドライン「E-A-T」

資料より引用:Googleが考えるいいWebサイト像を探るための指針の一つに「E-A-T」がある。E-A-Tはコンテンツの品質を判断するためのガイドラインで、専門性、権威性、信頼性からなる。

Googleは品質評価ガイドラインで「E-A-T」という基準を設けています。Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)の頭文字をとった用語で、Googleのアルゴリズムが正しい評価付けを行えているかのフィードバックに用いられます。
Googleはアルゴリズムアップデートを行った後などに、品質評価者に依頼して、アップデートによってより良い検索結果になっているかを評価するのですが、その基準となるものです。
つまり、アルゴリズムアップデートによって一時的に検索順位が下がっても、「E-A-T」でいい評価を得られたら次のアップデートで順位が戻る可能性があります。

資料の中では、「良質なサイトを作るための25の質問や「コンテンツに焦点を当てる質問」など、Googleが公表しているいいWebサイト像を紹介します。

クオリティアップデートの学び

資料より引用:Googleが行ってきたアルゴリズムアップデートは、すべて「より良い検索結果にするため=ユーザーの検索体験を向上させるため」に行われている。アルゴリズムアップデートの内容を知ることで、Googleが考えるいいWebサイト像を探ることができる。

Googleが考えるいいWebサイト像を探る方法は、公式のガイドラインを見るだけではありません。アルゴリズムアップデートの内容を知ることも手助けとなります。
アルゴリズムアップデートはすべて、より良い検索結果にするため、つまりはユーザーの検索意図を満たし、検索体験を向上するために実施されます。アップデートの詳細が明かされることはほとんどありませんが、その内容を知ることでGoogleの目指すものが見えてきます。
資料の中では、SEO対策で特に重要な「ペンギンアップデート」「クオリティアップデート」「モバイルファーストインデックス」「スピードアップデート」を紹介します。

SEO対策に重要なSEOライティング

最後に、具体的なSEO対策の方法として、SEOライティングの基本的なテクニックを紹介します。SEOライティングといっても、対策キーワードの含有率を何%にするといった小手先のものではありません。
これまで見てきたSEO対策の考え方やGoogleの理念に基づいて、ユーザーに適切な情報を伝え、検索意図を満たすためのライティングテクニックです。

「今日から始めるSEO対策」を無料ダウンロード

今回プレゼントする「今日から始めるSEO対策」は、こうした本質的なSEO対策について、全52ページにまとめた資料です。
具体的なテクニックよりも考え方や理念を紹介しているため、これからSEO対策を学び始める方はもちろん、すでにいろいろな施策を実施されている方にも役立つ内容となっています。
SEO対策を行い、安定した検索流入からWebサイトの成果を獲得したい方は、ぜひご一読ください。

ダウンロード用フォーム

下記フォームに内容をご記入の上、送信ボタンをクリックしてくださいますようお願いいたします。