SEO

SEO施策の成否を左右する【メタ情報】の基本と考え方を押さえよう

SEO(検索エンジン最適化)の施策を行う際、重視すべきポイントはいくつもあります。
以前の記事で、被リンクを得る方法を紹介しました。
被リンクや質の高いコンテンツが、より高いSEO効果を目指すための応用技とすれば、今回紹介する「メタ情報」は、SEO対策の基礎の基礎です。

実際、「メタ情報を変更したとたんSEO効果が上がり、自然検索流入が大きく増えた!」という話はあまり聞きません。
しかし、SEO施策を成功させているWebサイトは、必ずメタ情報を有効活用しています。

それでは、SEO施策の成否を左右する【メタ情報】の基本と考え方をご紹介します。

「メタ情報」の基本理解

Webサイトを構築するHTMLファイルのセクション内では、タイトルタグ(<title>)をはじめ、さまざまなタグを使用します。
その中のひとつとして挙げられるのがメタタグ(<meta>)ですが、これはSEOにおいて必要不可欠な存在です。ユーザーがメタタグの内容を見る機会は非常に少ないため、SEOのために存在しているといっても過言ではないかもしれません。
これをうまく活用することで、対象ページのアクセス数増加、高評価の獲得につなげることができます。

そもそも「メタ情報(メタデータ)」とは、「データについてのデータ」という意味です。もう少し具体的にいうと、特定のデータそのものではなく、そのデータを説明するための付随的な情報のことです。

たとえば、Webマーケティングを成功させるための戦略をまとめた文書「A」があるとしましょう。
当然「A」には「著者」や「作成日時」が存在し、またユーザーを惹きつけるための「タイトル」が設定されています。ここでいう「著者」「作成日時」「タイトル」など、「A」を表す情報がメタ情報です。

Webサイトの場合には、HTMLを使ってサイトを構築する際、こうしたメタ情報を「メタタグ」を用いて記述します。
正しいタグを使って記述することで、Webサイトの情報をブラウザや検索エンジンに向けて正しく発信し、評価してもらうことができます。

「上位化」を意識したメタ情報の考え方とは?

さて、以上をふまえて今回のテーマについて考えてみましょう。
今回のテーマは「SEO(検索エンジン最適化)を意識したメタ情報の考え方」です。
メタ情報の中には、インターネットエクスプローラーの標準モードで表示させるためのものや、レスポンシブデザインを見せるためのもの、SNSでシェアされた際の見た目をコントロールするOGPなどがあります。
数あるメタ情報の中でも、SEOの施策を進めるうえで特に重要なものは、以下に挙げる「description」「robots」といったものです。

description(メタディスクリプション)

descriptionとはWebサイトの内容を要約したいわゆる“ページ概要”を検索エンジンに伝えるものです。
SEO上ではタイトルと並んで特に重要視されている要素なので、しっかり押さえておきましょう。

具体的には、

<meta name=”description” content=”【ページ概要】”/>

を用いて記述します。

この【ページ概要】にあたるテキストは、検索結果の画面でサイト名の下に表示されます。しかし、検索エンジンの判断でdescriptionではなくページの内容が抜粋される場合もあります。

例えば、【2019年最新】来年トレンドになるWebデザインまとめ7個+αという記事のdescriptionは下記のようになっています。

【description】

<meta name="description" content="Webマーケティング情報配信メディア「GRAB」。Web広告業界のトレンドから最新技術まで余すとこなくお届けします。LINE Ads Platform、Twitter、Instagram、Facebook、Adwords、Yahooなどの広告運用やホームページの分析、コンサルティングもご相談ください。">

しかし、「2019年 Webデザインのトレンド」と検索した際の表示は下記の画像のようになっています。これは記事本文の内容をGoogleのクローラーが抜粋してきています。

【検索結果】

このように、description以外が表示される例もありますが、弊社のサービスサイト「広告手帳」のように、そのまま表示される場合もあります。

【description】

<meta name="description" content="最先端のマーケティング技術で、成果を生むことにに特化したプロモーションを得意とする大阪の広告代理店です。リスティング広告、アクセス解析、SEO対策、Webサイト構築、など、マーケティングの価値を引き出します。">

【検索結果】

つまり、descriptionは不特定多数の検索ユーザーの目に触れるものであり、ユーザーがそのWebサイトの内容を知るための判断材料でもあります。ユーザーの心を掴むようなdescriptionを作成できれば、Webサイトのアクセス数増加、高評価の獲得につながります。
descriptionを作成する際は、的確な表現で分かりやすく、人の目を惹くことと同時に、SEOで狙うキーワードを含み、検索エンジンに情報を伝えることを意識しましょう。

robots(メタロボット)

長期にわたってサイトを運営していると、どうしても質の低いページや記載する情報が古いページなどが出てきます。このようなページをいつまでも公開し、検索に引っかかる状態で置いていると、そのWebサイト全体の評価を下げる要因になりかねません。
とはいえ、削除しなくてもリライト次第で十分な改善が見込めそうではある……そんなときに役立つのがrobotsというメタタグです。

robotsは、検索結果にページを表示させたくない(インデックスさせたくない)場合や、リンクの評価(PageRank)を渡したくない場合に用います。

具体的には下記を対象ページのHTMLファイルに記述することで、そのページが検索結果に表示されなくなります。

<meta name=”robots” content=”noindex” >

まだ一般公開するに値しない編集中のページ、コンテンツ量が少なく、検索エンジンから低評価を下されかねないページに用いるのが一般的です。
これによって良質なページのみをインデックスさせることができあます。その結果、Webサイト全体が良質だと判断され、高評価を獲得しやすくなります。

コンテンツの量や質が重要視されている昨今のSEOにおいて、このタグは特に重要性を増しています。
しかし、だからといってむやみやたらに使用するのはおすすめしません。
あまりにnoindexのページが多いと、逆にそのWebサイトの評価を損ねてしまう可能性があるためです。
改善の余地がないページは思い切って削除する、十分に改善が見込めるページなら少し時間を取ってリライトするといったことをして、Webサイトの内容を充実させることを最優先に考えましょう。

まとめ

今回は、SEO対策に重要な「メタ情報」の基本と考え方について、descriptionとrobotsを紹介しました。
すでに述べたようにSEOに関連するメタ情報は他にもあります。また、厳密にはメタ情報ではありませんが、メタ情報と同じくheader内に記載する「titleタグ」も、非常に重要な要素です。

SEOの黎明期では、「メタキーワード」というタグが有効とされ、多くのサイトでメタキーワードの詰め込みが行われました。
しかし、GoogleがWebマスター向けブログの中で「メタキーワードを検索順位を決定づける要素としては利用していない」と公表してから、利用される機会はほとんどなくなりました。

このように、SEOの常識は刻一刻と変わります。
Grabの記事が検索結果でdescriptionではなく記事抜粋を表示されているように、クローラーがコンテンツの中身を読み取る能力も上がっています。
もしかしたら、数年後には「descriptionはSEO上価値がない」といわれているかもしれません。

今のブラウザ市場では、「SEO対策=Google対策」といわれています。
最新情報を逃さないためにも、ぜひ定期的にWebマスター向けブログに目を通してみてください。