SEO

【SEO対策】「はてブ」「SNS」を活用して被リンクを得る方法

Webサイトを運用していると、「どうやって集客するか?」という課題に常に頭を悩ませると思います。
広告は継続的な費用がかかり、リピーター化は思ったより簡単ではありません。
SEO対策のために、メタ情報を調整したり、文字量の多い記事を投稿したりしても、コンテンツがあふれかえっている現状ではなかなか効果が見込めません。

今回のテーマは、SEOにおける重要な要素のひとつとして挙げられる「被リンク」です。

SEO対策に欠かせない「被リンク」とは

「被リンク」は「外部リンク」とも呼ばれ、外部サイトから自社サイトへリンクを貼られることをいいます。
Googleは、「より多くのリンクが貼られているサイトほどユーザーに支持されている=高い価値がある」という基準でサイトを評価しています。

これは検索順位を決めるクローラーがコンテンツの良し悪しを客観的に判断できないためです。
「ユーザーから見て質が高いコンテンツ」と「クローラーが見て検索クエリとマッチするコンテンツ」との間にギャップがあるため、「被リンク」という指標を用い、「ユーザーから見て質が高いコンテンツ」を判別しています。

これは学術論文の世界では古くから一般的な考え方で、他の論文で引用される回数が多いほど質の高い論文と評価されます。

そのため、質の高いリンクを集めるほど「多くのユーザーから評価されているWebサイト」と判断され、検索結果の上位化につながります。

良い被リンクと悪い被リンク

被リンクには「良い被リンク」と「悪い被リンク」があります。
被リンクが検索順位を決める評価基準の一つであることは古くから知られており、順位向上のためだけに作られた被リンクが多く存在します。
そこため、Googleもサーチコンソールヘルプの「リンクプログラム」の中で、被リンクの数ではなく、質について言及しています。

検索結果においてサイトのランキングに悪影響を与える可能性のあるリンク プログラムには、次のようなものがあります。

・PageRank を転送するリンクの売買。これには、リンク自体やリンクを含む投稿に関して金銭をやり取りすることや、リンクに関して物品やサービスをやり取りすること、特定の商品について記載しリンクを設定してもらうのと引き換えにその商品を「無料」で送ることなどが含まれます。
・過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成すること。
・アンカー テキスト リンクにキーワードを豊富に使用した、大規模なアーティクル マーケティング キャンペーンやゲスト投稿キャンペーン。
・自動化されたプログラムやサービスを使用して自分のサイトへのリンクを作成すること。
・第三者のコンテンツ所有者に対し、nofollow など PageRank をブロックする手段を必要に応じて利用するかどうかの選択権を与えずに、特定の利用規約や契約、または同様の取り決めの一部として、リンクを義務付けること。
引用:SearchConsoleヘルプ

簡単に言うと、良い被リンク、悪い被リンクには次のようなものがあり、SEO効果を狙うには「たくさんの被リンクを集めること」ではなく、「質の高い被リンクを集めること」が重要になってきます。

【良い被リンクの例】

  • Webサイト・ページを紹介するリンク
  • Webサイトの内容が引用され、引用元としてのリンク
  • コンテンツについて言及する際のリンク
  • ビジネス上で関係のある他企業や団体からのリンク

【悪い被リンクの例】

  • リンク交換サイトなどで売買されたリンク
  • 自動化プログラムなどよって作成されたリンク
  • 隠しテキスト内などに張られたリンク

先ほどのサーチコンソールヘルプの引用も、この記事のコンテンツの質を高めるために引用元を明記したうえでリンクを張っています。
こうしたリンクは「良い被リンク」とみなされ、この場合はサーチコンソールヘルプに被リンク効果が生まれ、検索上位化に繋がります。

Googleサーチコンソールで被リンクを確認する方法

被リンクの集め方を紹介する前に、現在自社サイトがどんなサイトからリンクされているのかを確認しておきましょう。
被リンク売買サイトの中には、自動化プログラムで様々なサイトのリンクを生成しているものがあります。もしかしたらあなたのサイトもそうしたプログラムに勝手にリンクを作られているかもしれません。
リンク元となっているサイトがGoogleからペナルティを受けた場合、そこにリンクされたあなたのサイトの評価にも悪影響を及ぼす可能性がありますので、定期的に確認しておきましょう。

被リンクの確認方法には、AhrefsやmajesticのようなSEOツールを使うこともできますが、ここではGoogleサーチコンソールを使って確認する方法をご紹介します。

まずはGoogleサーチコンソールにログインしましょう。
Googleサーチコンソール

被リンクの状況はサーチコンソールの左メニューにある「リンク」から確認できます。
旧バージョンのサーチコンソールを利用されている場合は、「検索トラフィック」の項目から「サイトへのリンク」を選択してください。

Googleサーチコンソールでは、外部リンクと内部リンクの両方を確認することができます。
今回は被リンクを確認したいので、「外部リンク」に注目しましょう。外部リンクでは、「リンクされているページ(被リンクを受けているページ)」と、「リンク元サイト(リンクを張っているサイト)」と「リンク元テキスト(テキストリンクの文字)」が確認できます。

「リンクされているページ(被リンクを受けているページ)」では、外部から引用されている人気のページが、「リンク元サイト(リンクを張っているサイト)」と、「リンク元テキスト(テキストリンクの文字)」からはどのようなサイトがどういった目的でリンクを張っているかがわかります。
Googleサーチコンソールでは「検索インデックス」で検索クエリや表示回数といった、SEO施策の結果を見ることに注視してしまいがちですが、SEOの改善施策やコンテンツ案につながる機能も豊富に用意されているので、定期的に確認しておきましょう。

SEOに有効な「良い被リンク」を集める方法

ここまで被リンクのSEO効果や確認方法を紹介してきましたが、どうやって良い被リンクを集めるのかが気になるところです。
被リンクを集めるための効果的な方法はいくつも考えられます。例えば、最も王道は「引用される質の高いコンテンツを作る」ことです。

とはいえ、ユーザーが勝手に引用してくれる質の高いコンテンツを作ることは簡単ではありません。
そこで今回は、ソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」と、さまざまなSNSを利用した「被リンクの集め方」をピックアップしてみました。

「はてブ」からの被リンク効果


http://b.hatena.ne.jp/

まず紹介するのは、「はてなブックマーク」を活用する方法です。

「はてなブックマーク(はてブ)」は、オンライン上にブックマークを保存・公開できるソーシャルブックマークサービスです。ほかのユーザーとブックマークを共有し合うことで、幅広い情報を集めたり、見聞を広めたりすることができます。
好きなタイミングで気軽にブックマークしたサイトを見返したり、他ユーザーがおすすめするサイトをチェックしたりすることが可能で、「自分の興味に特化したニュースサイトを作る」ような目的で利用されることもあります。
また、TwitterやFacebookといったSNSとの連携機能が設けられているのもポイントです。SNS上に拡散することで、より多くのユーザーに見てもらうことができます。

はてブは2005年2月にベータ版が開始された、非常に歴史の長いサービスです。とはいえ、スマートフォン版、アプリ版もリリースされており、時間や場所を選ばずアクセス可能です。今でも多くのユーザーが利用しており、メディアサイトが被リンクを得るうえで、最初に活用したいサイトです。

なぜ「はてなブックマーク」が、SEOにおける被リンク施策に有効なのでしょうか。
それは、はてなブックマークの基本機能である「ブックマークする」という行為が、そのユーザーのマイページに被リンクを生むためです。

自社サイトに掲載するブログやコラムの記事を気に入った「はてブユーザー」がその記事を登録すると、ユーザーページには記事へのリンクが貼られることになります。ブックマーク登録するユーザーが増えれば、その分だけリンクを増やすことができます。ユーザーページはGoogleにインデックス登録されているため、ブックマークが増えることでここにリンクが貼られ、効果が期待できます。
これが、はてブによる被リンク施策の基本です。

ただし、「はてブ」からの被リンク効果は、あくまでも一時的なものに過ぎないことには留意すべきといえます。
というのも、「はてブ」のユーザーページにおいては、2ページ目以降はほとんどインデックス登録がなされていません。そのため、多くのユーザーが次々とブックマークを繰り返すことで2ページ目以降に後退してしまうと、被リンク効果を得られなくなります。
はてブのユーザーは情報収集意欲が強く、頻繁に新しい記事をブックマークしています。「はてブ」からの被リンク効果は一時的に期待できるものの、それを過信しすぎないようにしましょう。

被リンク効果を引き継げる「dofollow」のSNSを活用


https://www.tumblr.com/

TwitterやFacebookといった全世界に多くのユーザーを抱えるSNSでは、貼られるリンクのほとんどを「nofollow」としています。つまり、リンク先の評価の受け渡しを無効化しています。
つまり、たとえTwitterで自社サイトへのリンクを多くの人にツイートしてもらったとしても、被リンク効果は得られません。

しかし、あらゆるSNSが「nofollow」としているわけではなく、中にはリンクを無効化しない「dofollow」としているところもあります。
たとえば、「Tumblr」はそのようなSNSのひとつです。こうしたSNSでシェアされると、被リンクによるSEO効果が期待できます。
Tumblrはテキストや音声、画像などを使ったミニブログを投稿することが可能で、全世界で4億2000万人以上(2018年7月時点)が利用しています。
ここで直接的な被リンクを多く得ることができれば、望む効果が期待できるといえるでしょう。

とはいえ、TwitterやFacebookでのリンクに全く意味がないわけではありません。
確かにそのリンク自体にSEO的な効果はないものの、そのリンクをきっかけに多くの人がサイトを訪れるようになれば、流入数が高まることでサイトの評価を上げることが可能となります。

まとめ|SEO対策に欠かせない「被リンク」を集める方法

今回は、SEO対策に欠かせない「被リンク」を集める方法として、はてなブックマークとtumblerを紹介しました。
被リンクを積極的に増やす施策として、はてブとtumbler以外にも様々な方法がありますが、基本的な考え方は変わりません。
ユーザーがシェアしたい、引用したい、また読むためにブックマークしたいと思えるような質の高いコンテンツを作成し、SNSやまとめサイトなどを活用して人の目に触れる機会を増やすことです。

Googleのアップデートにより、「被リンクには意味がない」という意見が出ることもありますが、意味がないのはあくまでも「悪い被リンク」です。質の高い被リンクは今でもSEO上重要な指標であることは間違いありません。

また、多くのSNSが「nofollow」としているからといって、Twitterでシェアされることに意味がないわけではありません。本質的には、リンクが「nofollow」「dofollow」どちらで貼られるかということに意味はなく、多くの人が価値があると判断しているコンテンツかどうかが重要になります。

どういった戦略で被リンクを増やすかは置いておいて、まずはGoogleサーチコンソールで自社サイトがどういったサイトからリンクされているかを確認してみましょう。