プレスリリース

【PR】Dr.経費精算が経産省「IT導入補助金」の対象製品に認定

株式会社BearTail(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒﨑賢一、以下「BearTail」)が運営する「Dr.経費精算」は、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」において、IT導入補助金の対象製品に認定されました。Dr.経費精算の新規導入企業様には最大150万円の補助金が支給されます。

Dr.経費精算公式サイト
https://www.keihi.com/

【IT導入補助金の概要】
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。
(「サービス等生産性向上IT導入支援事業」公式HP、事業概要より引用)

【補助内容】
中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等)が補助金支給の対象となります。業種によって事業規模の上限が定められているため、公式HPでご確認ください。

詳細:https://www.it-hojo.jp/applicant/subsidized-works.html

また、導入による生産性向上に関する情報を報告するなどの条件があります。

IT導入補助金の対象事業者と認められた製品のソフトウエア費、導入関連費等が補助対象となります。補助補助率の上限は1/2となり、Dr.Travelの場合40~150万円が補助されます。

【申請方法】
申請・手続きの方法に関しては「サービス等生産性向上IT導入支援事業」公式HPで確認できます。(https://www.it-hojo.jp/procedure/

また、導入・申請にあたりサポートをさせていただきますので、お気軽にDr.経費精算へお問い合わせください。

【Dr.経費精算の概要】
Dr.経費精算は、社内エンゲージメントを高める経費精算システムです。領収書オペレーター自動入力、JRやタクシー乗車データ自動取得、申請承認スマホ完結により申請者の入力の手間を最小化し、生産性を向上させます。ペーパーレス化により管理者のガバナンスも同時に向上させます。

【株式会社BearTailについて】
BearTailは、こぐま座の尻尾に位置する北極星のように、社会の道しるべとなるような、大きな価値を届ける存在になることを目指しています。価値のモノサシは時間であると考え、豊かな時間を与えること、無駄な時間を減らすことにフォーカスした事業を展開いたします。

BearTailコーポレートサイト
https://beartail.jp/