サーバーワークス、AWSのクラウド型コンタクトセンターAmazon Connectと音声感情解析AI「Empath」との連携ソリューションを提供開始

7a8733e2aaa3cc5e966e21755bc59ea1a710a057
Amazon Connect×「Empath」連携構成図
Amazon Connect×「Empath」連携構成図

アマゾン ウェブ サービス(AWS)のAWSパートナーネットワーク(APN)※プレミアコンサルティングパートナーである株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大石 良、以下:サーバーワークス)は、音声感情解析AIを開発する株式会社Empath(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:下地 貴明、以下 Empath)と協業しクラウド型コンタクトセンタープラットフォーム「Amazon Connect」と音声感情解析AI「Empath」(以下 「Empath」)とのシステム連携ソリューションを提供することをお知らせいたします。

■Amazon Connectオールインワンパッケージ:「Empath」搭載オプションについて
サーバーワークスはAmazon Connectをスムーズに導入いただけるよう、Amazon Connectオールインワンパッケージを提供しています。
https://www.serverworks.co.jp/services/connect/all_in_one.html

「Empath」搭載オプションは、Amazon Connectで収集された顧客とオペレータの音声通話データを「Empath」で感情解析します。「Empath」では、喜怒哀楽の4つの感情指標に加え、元気度というパラメーターを解析結果として出力します。この元気度という指標は、気分状態の高低を測定するEmpath独自の指標です。元気度は、コールセンターにおいてオペレータの離職予測モデルとしても活用されており、SVからオペレータへのコミュニケーション支援の足掛かりとなっています。今回の連携により、遠隔からでもオペレータのモチベーションを把握することが可能になるので、テレワーク化したコールセンターにおいてもSVからオペレータへのコミュニケーション支援を実現します。

Amazon Connectの機能である音声録音に対して、「Empath」の音声の感情分析機能を利用することで、お客様の感情に応じた対応方法の変更や、コールセンターのオペレーターの対応改善などが可能となります。これにより満足度の高いコールセンターを実現しお客様のビジネス推進につなげることができます。
連携ソリューションは下記の図の通り、オペレータの端末からAmazon Connectを介して、サーバー上に保存された通話音声を感情解析、取り込んだデータをBIツール等で可視化し、管理者用の端末などで感情の解析結果を表示することが可能です。

Amazon Connect×「Empath」連携構成図

Amazon Connect×「Empath」連携構成図

「Empath搭載オプション」リリースを記念して、Amazon Connect連携の在宅コールセンター・ソリューションを限定価格でご利用いただけるキャンペーンを先着10社様に提供します。

■「Empath搭載オプション」連携キャンペーン
対象       : Amazon Connectオールインワンパッケージ:
「Empath」搭載オプションご契約のお客様
申込期間     : 2020年7月30日~9月30日
ご提供金額    : 500,000円(税別)
※Amazon Connect導入支援費用は
別途お見積りをさせていただきます
申込方法     : 本キャンペーンサイトのお申込みフォームにて
キャンペーンサイト: https://info.serverworks.co.jp/l/310441/2020-07-28/t6lkpy

*月額の運用費用については別途お問い合わせください。

■Amazon Connectについて
Amazon ConnectはAWSが提供するオープンなクラウド型コンタクトセンターサービスとして注目を集めています。
あらゆる規模の顧客窓口をセルフサービスで構築して、より良いサービスを低コストで提供できるクラウド型コンタクトセンターサービスです。
昨今のテレワーク対応の一環として、自宅で電話対応をすることももちろん可能です。

■音声感情解析AI「Empath」について
「Empath」は音声から感情をリアルタイムで測定する国産の感情解析AIです。すでに世界50か国2,500社で活用されており、コールセンター領域では顧客満足度の測定、応対品質の向上、オペレータの定着率向上、アウトバウンド・コールでの成約率向上にご利用頂いております。詳細は以下のURLをご覧ください。
https://webempath.com/jpn/

■株式会社Empathについて
音声から気分状態を可視化するエンジン「EmpathR(エンパス)」を利用し、メンタルヘルス対策やマーケティング等に役立つアプリケーションを開発。奈良先端科学技術大学院大学との共同研究や株式会社NTTドコモとの被災地支援事業で採用されたほか、ロボティックスやコールセンターなど幅広い分野で活用されています。海外でも注目を浴びており、アラブ首長国連邦内務省に正式に採用されたほか、開発者向けに提供しているWeb Empath APIは世界50か国以上で利用されています。また国内外の功績が認められ、2019年度の経産省推進のスタートアップ支援プログラム「J-Startup」に選出されました。
https://webempath.com/

■株式会社サーバーワークスについて
サーバーワークスは、「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく」をビジョンに掲げ、2008年よりクラウドの導入から最適化までを支援しているAWS専業のクラウドインテグレーターです。
2020年6月末日現在、800社、8,300プロジェクトを超えるAWS導入実績を誇っており、2014年11月よりAPN最上位の「APNプレミアコンサルティングパートナー」に継続して認定されています。
移行や運用、エンドユーザーコンピューティング、コンタクトセンターなど多岐にわたって認定を取得し、AWS事業を継続的に拡大させております。
取得認定、実績についての詳細はこちらをご覧ください。
https://aws.amazon.com/partners/find/partnerdetails/?id=001E000000NaBHzIAN

※APNは、AWSのエコシステムを支えるシステムインテグレーター(SI)、戦略的コンサルティングファーム、ソリューションプロバイダ、マネージドサービスプロバイダ、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーなどによって構成されております。

*本リリースに記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。
*Amazon、アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、Amazon ConnectおよびAWSは、米国および/またはその他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
*本リリースの情報は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。