【SEO外部対策とは?】2020年版外部対策を徹底解説

7a8733e2aaa3cc5e966e21755bc59ea1a710a057
【SEO外部対策とは?】2020年版外部対策を徹底解説

SEO対策には「内部対策」と「外部対策」があります。内部対策は検索エンジンに自社サイトの情報をわかりやすく伝えられるように、ページタグを最適化したり、内部リンクを最適化したりする対策があります。

では「外部対策」とはなにをすればいいのでしょうか。

SEO対策についての情報はGoogleのアルゴリズム更新により随時変わっていきます。今回の記事では2020年版の外部対策を徹底解説いたします。

自社サイトのSEO対策を任されているマーケターの方や、自身でブログを運営されている方はもちろん、これからWebサイト制作をお考えの方にも必見の内容となっておりますので、ぜひ最後までご一読ください。

SEOの外部対策とは?

外部対策の意味

Googleが発表しているランキング要因のひとつに「リンク」と挙げられていることから、SEO対策には、「リンク」が必要ということがわかります。

SEOの外部対策とは、簡単にまとめてしまうと「被リンクを最適化する」ということです。自社サイト内での内部リンクではなく、全く異なるドメインからのリンクを増やしたり、悪質な被リンクを省くことが外部対策となります。こういった外部対策により、ユーザーやクローラーのアクセスが増加し、サイトを上位に表示させることができるようになります。

(出典:Now we know: Here are Google’s top 3 search ranking factors

外部対策で得られる効果

外部対策を行うことによって得られる効果ですが、すぐに表れるものではありません。昨今騒がれている「E-A-T(専門性、権威性、信頼性)」がジャンルによっては必要となるため、場合によっては効果を得られない可能性も考えられます。

効果を得るには「良質で専門的な被リンク」が必要です。自社サイトと似ている内容を配信しているサイトからの被リンクや、月間PV数が多いサイトからの被リンク、サイトパワーが強いサイトからの被リンクだと、より効果的だと考えられています。

反対に効果的でない被リンクも存在しています。大量にリンクだけを掲載しているような質の低いサイトや、全く業種が異なるサイトからの被リンクは悪質なリンクと判断され、全く逆の効果を生む可能性があるため、注意が必要です。

SEO対策 過去と現在の比較

過去と現在では外部対策についての考え方が異なります。誤って過去の外部対策を取り入れてしまうと、Googleからペナルティを受けてしまう可能性もあるため、過去と現在の考え方の違いを知っておきましょう。

過去のSEO対策

Googleの方針は現在も過去も変わっておらず「ユーザーによりよいコンテンツを提供する」というものです。ですが以前のGoogleのロジックには、抜け穴が存在しておりテクニックさえあれば上位表示を狙うことが容易でした。

Googleでは「外部リンクが多いサイトは、たくさんのサイトから評価を受けている=優れたサイト」と認識するロジックが組まれていたため、過去の外部対策では被リンクを大量に集めるという施策が行われていました。ほかにもキーワードの出現率が高いほうが評価されるロジックだったため、ページ内に隠しテキストを埋め込みキーワードを大量に埋め込む施策が主流となっていました。

このような手法は現在では「ブラックハットSEO」と呼ばれていて、Googleのアルゴリズムアップデートに伴いペナルティを受ける対象となっています。

外部対策によるペナルティ

Googleは度重なるアップデートにより、自作の被リンクや、他サイトをコピーしたコンテンツなどに対して取り締まりを行っています。このアップデートにより、大量に被リンクを設置したり、関係のないサイト同士の相互リンクを行ったりしているサイトはペナルティを受け、検索順位が下がるようになりました。

現在もGoogleはアップデートを続けているため、悪質な被リンクを集めてしまうとペナルティを受け、検索順位が下がる可能性があります。

現在のSEO対策

現在のSEO対策は過去のものに比べ、テクニックではなく本質的なものになっています。「ユーザーによりよいコンテンツを提供する」というGoogleの指針に基づいた形にアルゴリズムがアップデートされ続けているからです。

Googleは質の高いコンテンツを求めており、ユーザーの満足度を向上させようと考えています。そのためユーザーを満足させられるような質の高いコンテンツを評価し、上位表示させているのです。

先ほど過去の外部対策として「被リンクを大量に集めるとペナルティの対象になる」と述べていますが、現在はどうなのでしょうか。実は現在の外部対策においても、「被リンクは重要」であることは変わりません。しかし過去の外部対策のように「被リンクの数」だけで上位表示されるのではなく、質の高い自然な被リンクが評価されています。

【外部対策】自然な被リンクの増やし方

現在の外部対策として多くの企業に取り入れられているのは、「自然な被リンクを増やす」という方法です。とは言ってもただ待っているだけで被リンクが集まるわけではありませんので、自然な被リンクを増やすための方法をご紹介いたします。

ユーザーのニーズを理解しよう

自然な被リンクを集めるためには、質の高いコンテンツを作ることが重要です。質の高いコンテンツとは、多くの人に共感してもらえたり、多くの人が求めていることを解決したりするコンテンツのことです。ユーザーの悩みを解決するために、ユーザーのニーズを理解しましょう。ユーザーのニーズにマッチしたコンテンツは、質の高い記事として上位表示される可能性が高いため、多くのユーザーの目に留まり被リンクを獲得しやすくなります。

専門性の高いコンテンツを作成しよう

専門性の高いコンテンツは知識のある人にしか作ることができません。専門性が高ければ高いほどオリジナル性も高まり、ユーザーに知識を与えることができます。専門性の高い記事は出典元としての被リンクを獲得しやすくなるため、比較的簡単に被リンクを集められるでしょう。

専門性の高いコンテンツを作るコツとしては自己主張を書き連ねるだけでなく、ユーザーにとって価値のあるコンテンツにするための根拠や検証結果のデータなどを基に自論を展開していくことです。他サイトからの引用や具体的な事例を交えながら、当事者のコメントやインタビューを掲載することでコンテンツに対しての信頼度がよりアップします。

ほかの企業との関係性を構築しよう

外部対策では自社だけでなくほかの企業とパートナーシップを構築することで成功する場合もあります。

お互いの足りないものを補える業界の企業と関係性を構築し、お互いの専門性の高いコンテンツにリンクをしあうのは正当な外部対策です。まずはほかの企業との関係性を構築してみてはいかがでしょうか。

おすすめの効果測定ツール

SEO対策についてのツールは非常に種類が多く、どれを使用すればいいのかわからないという方も多くいらっしゃいます。その中でも比較的使いやすい2つをご紹介いたします。

Google Search Console

Googleの公式ツール「Google Search Console」。サイトの掲載順位を測定したり、サイトに発生している問題を修正するための必要なデータをダウンロードしたりできるツールです。

SEO対策には欠かせないツールなので、まだ導入していない方は導入してみてください。

外部対策で使える機能としては、スパムリンクをチェックしてブロックする機能があります。ほかのGoogleツールと組み合わせることで、より力を発揮するツールのため、Google analyticsと連携させたり、下記で紹介するAhrefsと組み合わせて使用したりして、Google Search Consoleを上手に活用していきましょう。

Ahrefs

Ahrefsは海外の有料SEOツールです。Webマーケターの間では、非常に有名なSEO対策ツールですので、今後SEO対策に力を入れていきたいと検討されている方におすすめのツールです。

登録してから、サイトのドメインやURLを入力するだけで、被リンク状況や流入キーワード、広告で出稿しているキーワードを確認できます。もちろん自社サイトだけでなく他社サイトの調査としても使用できるため、有料ではありますが非常に使えると話題になっています。

被リンクの参照元を確認できるので、英語だけのページや発リンク数が多すぎるページからリンクされていたら、スパムリンクの可能性が高いです。そういったスパムリンクをAhrefsで特定し、Google Search Consoleで否認していくと、質の低いサイトからの被リンクを減らすことができます。

2020年版外部対策徹底解説 まとめ

今回は、2020年版外部対策について徹底的に解析いたしました。

外部対策で重要な被リンクは、自分で管理しづらいものですが、サイトを成長させ上位表示を狙うのであれば、しっかり戦略立てて行う必要がある重要なものです。

外部対策についての知識をしっかりとつけたうえで、質の高いコンテンツを制作し、良質な被リンクを集めましょう。

SEO対策に興味があるという方に向けて、SEO対策の基本的な内容から理念、具体的なテクニックについてのダウンロード資料をご用意しております。ぜひ、貴社の課題解決のため、お役立てください。