マーケティング

Google検索広告(リスティング広告)の成功事例8選-なぜ彼らは成功したのか?

Google検索広告の成功事例8選-なぜ彼らは成功したのか?

Web広告といえば、最も大きな役割を持っているのが、検索連動型広告(リスティング広告)。
今回は、そんなリスティング広告の運用を開始したことで事業が大きく成長した成功事例を、店舗ビジネス、Web事業、ECの3業種について、それぞれ紹介していきたいと思います。

これからリスティング広告を始めようと考えている方、リスティング広告を始めてみたもののどうすればいいのかよくわかっていないという方に向けた解説ですので、もし当てはまる方はぜひこの機会にリスティング広告についての理解を深めていってください。

業界業種別Google検索広告成功事例【店舗ビジネス3選】

店舗ビジネスはまだまだオフライン集客が主流です。しかし、街を歩く人々の多くは、看板はチラシを見てはいません。みんなスマートフォンで何かを探しています。
今や店の看板よりもスマートフォンのほうが店舗ビジネスの集客に影響するのです。

店舗ビジネスのGoogle検索広告成功事例①:地域ターゲティング

1つ目は、地域ターゲティングの絞込みによる成功事例です。
Google検索広告のようなWeb広告は、チラシなどのオフライン広告と違い、豊富なデータを元にした細かいターゲティングができるところがメリットです。
例えば地域ターゲティングひとつ取って見ても、Google広告では、都道府県や市区町村を指定するだけでなく、自社の店舗など特定のポイントを指定して、そこから半径〇km以内にのみ広告を配信する、というような非常に細かくかつ柔軟なターゲティングを行うことができます。
そんな地域ターゲティングをうまく活用して店舗の集客を効率化した、ゆりダンススクールの成功事例をご紹介します。

ゆりダンススクールは、埼玉県春日部市と越谷市に教室を持つダンス教室で、従来はチラシ配布によるオフライン広告をメインの集客手段としていました。
しかし、チラシ配布ではなかなか成果が上げられず、公式Webサイト開設をきっかけに、Web広告での集客を開始しました。

教室数も少なく小規模な事業のため、地域ターゲティングを絞込み、その他にも広告文の改善や除外キーワードの登録など、きめ細やかなチューニングを行い運用しました。すると、体験レッスンの申し込みが従来の3倍にまで増加したのです。
小規模な店舗ビジネスはWeb広告との相性が悪いと考えて敬遠してしまう方も少なくないかもしれませんが、Web広告とチラシでは、効果計測の精度やターゲティングの自由度に大きな差があります。
この事例は、ただチラシからWeb広告に切り替えるだけでなく、Web広告の強みである精緻なターゲティングをうまく活用したことが成功の理由と言えるでしょう。

店舗ビジネスのGoogle検索広告成功事例②:配信デバイスの最適化

2つ目は、広告を配信する先のデバイスを最適化したことによる成功事例です。
Web広告は、インターネットを通じて広告を配信する仕組みですから、広告の受け取り手であるユーザーは、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末で広告を目にすることになります。
しかし、広告を目にするデバイスの違いは、ユーザーのニーズの違いにも大きな影響を与えます。
パソコンからアクセスしているユーザーはじっくり調べものをしたいユーザー、スマートフォンからアクセスしているユーザーは気軽にインターネットを利用しているユーザー……といった具合です。
そのため、同じリスティング広告でも、どのデバイスをターゲットとするか?というのが非常に重要になってきます。
今回は、スマートフォンなどのモバイル端末に配信を最適化した、株式会社プロフェッショナルエナジーの成功事例をご紹介します。

同社は、プライベートジムを経営しており、事業の開始当初から、パソコンを中心としたWebでの集客を行っていました。
しかし思うように問い合わせが増えず苦戦していたところ、実はWebサイトに来訪しているユーザーのうち大半が、元々ターゲットとしていたパソコンではなくモバイルユーザーであることが判明しました。
そこでGoogle検索広告の活用を開始し、スマートフォンユーザーにターゲットを絞ると同時に、Webサイトをスマートフォンでの閲覧に最適化し、レイアウトを変えたり、申し込みフォームを改修したりと、スマートフォンユーザーにとって快適に利用できるWebサイトの実現に取り組んだのです。
Google広告に費やす予算もモバイルに厚く割り振るようにして、とにかくモバイルユーザーの流入増加に注力したことで、コンバージョン率は2倍に向上し、顧客獲得単価は約2割低下させることができました。
Web広告の効果計測のしやすさと、そのデータを使ったターゲティングが成功した事例と言えます。

店舗ビジネスのGoogle検索広告成功事例③:ユーザー行動に合わせた出稿

3つ目は、ユーザー行動に合わせて広告の出稿をコントロールしたことによる成功事例です。
Google広告では、曜日や時間帯で広告配信の量をコントロールする、スケジュール設定の機能が備わっています。
これにより、集客があまり見込めない曜日・時間帯は広告配信を弱め、逆にユーザーが増加する曜日・時間帯には配信を強めて積極的な集客を行うということが可能になります。
今回は、このスケジュール機能を使ってユーザー行動に合わせた広告配信を実現した、舞香の成功事例をご紹介します。

舞香は、京都へ訪れる観光客に向け、舞妓の衣装を着て写真撮影や花街を散策できる舞妓体験を提供するサービス施設です。
「舞妓体験」という領域ではパイオニアの地位を占めていたこともあり、当初は雑誌によるオフライン広告で十分な集客ができていましたが、競合が増えてきたことで、雑誌だけでは集客がうまくいかなくなっていきました。
そこで、集客の手段をWeb広告に移し、それによって得られたデータを分析すると、主なユーザーである観光客は、夜になると翌日の予定を立てるためにスマートフォンで検索をしていることがわかってきました。
その結果から、ターゲットをモバイルユーザーに絞り、かつユーザーが最も検索行動をしやすい夜の時間帯を狙って広告配信を行ったところ、わずか1年で、コンバージョン数は3倍にも増加しました。
また、Web広告は雑誌と比べて費用対効果も高いことから、新規顧客の獲得にかかるコストを大幅に削減することにも成功しています。
2つ目の事例と同様に、Web広告ならではのデータ活用の自由度の高さをうまく活用した成功事例と言えます。

店舗ビジネスのGoogle検索広告成功事例まとめ

店舗ビジネスは地域に密着した形で行われることが多いことから、Web広告よりもチラシや雑誌といったオフライン広告の方が向いていると考えられがちですが、Web広告の強みであるターゲティングを駆使することができれば、オフライン広告よりも高い費用対効果を発揮することが可能です。
オフライン広告で集客が伸びず悩んでいるという方は、ぜひ一度Google検索広告の導入を検討してみてはいかがでしょうか。
店舗ビジネスでリスティング広告の運用を行う際には、ぜひこれらの成功事例を参考にしてみてください。

業界業種別Google検索広告成功事例【Web事業3選】

やはりWeb広告と相性がいいのは、Web上で提供するサービスです。Web事業の多くはWeb上で顧客とのやり取りが完結するため、成果に直結させやすく、また費用対効果も明確に計測できます。

Web事業のGoogle検索広告成功事例①:動的検索広告(DSA)

1つ目は、動的検索広告(DSA)の導入による成功事例です。
通常、リスティング広告は、ユーザーが検索するキーワードを予め登録しておき、そのキーワードが検索されたときに広告を表示する仕組みです。
そのため、幅広いユーザーにリーチするためには、それだけ多くのキーワードを登録しなければならず、キーワードの管理に膨大な工数がかかってしまいます。
そこで、キーワードを大量に登録する代わりに、Google広告の自動化機能である「動的検索広告(DSA)」を導入したことで、リスティング広告の運用にかかる工数を大きく削減した、株式会社じげんの成功事例をご紹介します。

株式会社じげんは、アルバイト求人や住まい探しなどのライフイベントに関わるWebサイトを20以上運営している企業です。しかし、リスティング広告の運用担当者は4人しかおらず、リスティング広告の膨大なキーワードを管理するだけで1日の工数の半分以上を使ってしまっている状態でした。

そこで導入したのが、「動的検索広告(DSA)」です。
DSAは、自社のWebサイトのURLを指定して、広告文を作成するだけで、Webサイトの内容とユーザーの検索語句を自動でマッチングさせて、最適な広告見出しを自動で作成・表示してくれる機能です。
DSAのメリットは、Webサイトの内容を使ってGoogle広告が自動でリスティング広告を作成・表示してくれるため、キーワードの登録・管理が必要ないことです。
そのため、DSAを導入すれば、キーワードの管理にかかる工数を一気に削減することができます。
このDSA導入がきっかけで、同社のリスティング広告の運用にかかる時間は1日1時間以下にまで短縮されました。

リスティング広告の運用工数の削減は、浮いた時間を使ってさらなる施策の企画・実行を進められるため、単なる時間短縮以上の効果があります。
特に、アルバイト求人のような、様々な内容の広告を出し分けなければならない業種では、DSAがより威力を発揮しますので、業種と配信形態がうまくマッチした事例と言えます。

Web事業のGoogle検索広告成功事例②:オフラインからオンラインへ

2つ目は、オフライン広告からリスティング広告へシフトしたことによる成功事例です。
学習塾を経営する株式会社 Global Assistは、折込チラシによるオフライン広告を主な集客源としていましたが、スマホの普及によりチラシの効果が弱くなってきました。また、ターゲティングや効果測定などに不自由さが多いオフライン広告に懸念を持っていました。

そこで、チラシに費やしていた広告予算をリスティング広告にシフトさせることで、より具体的で細かいターゲティングが可能になり、かつ正確な効果測定を可能にしました。
チラシでできるターゲティングは、地域で絞るか、家族構成で絞るぐらいが限界です。
しかしリスティング広告であれば、インターネットで検索するというアクションを起こしているユーザーに対してアプローチすることができるためターゲティングの確度が高く、ユーザーの持つ興味・関心を推測して自社サービスに興味・関心を持っているユーザーだけを狙い撃ちすることも可能です。

結果として、リスティング広告はオフラインの折込チラシの2倍の費用対効果を上げることに成功しました。
費用対効果をより正確に測れるところもリスティング広告のメリットで、費用対効果がわかれば適切な予算設定もわかります。
そのため同社は、費用対効果の高いリスティング広告に広告費を厚く割り振ることで、さらなる集客の増加を図っています。
折込チラシにはない、オンラインならではの強みを活かした事例と言えるでしょう。

Web事業のGoogle検索広告成功事例③:自動入札

3つ目は、Google広告の強みでもある、機械学習による自動入札を導入した成功事例です。
リスティング広告は、ユーザーの検索語句と登録したキーワードがマッチしたときに表示される広告形態です。しかし、キーワードがマッチすれば必ず表示されるわけではなく、ユーザーが検索を行うたびに、その検索に対して自動でオークションが発生し、最も高い広告費を支払って入札した広告主が広告を表示できる仕組みになっています。
通常は、この入札価格を広告主が手動で設定するのですが、広告配信の目的と目標を機械学習のアルゴリズムに与えてやることで、目標を最大化するように入札価格を自動で調整してくれる仕組みが、自動入札と呼ばれる機能です。
その自動入札を導入したことで、コンバージョン数を34%も増加させた、ベルトラ株式会社の成功事例をご紹介します。

ベルトラ株式会社は、国内外で14,000種類以上ものツアーをWebサイトを通じて販売する企業で、当初からリスティング広告を活用していました。
しかし、膨大な数のツアーの広告を管理するために、細かい入札単価の調整に時間がかかってしまうことが課題となっていました。
そこで同社は、Google広告の自動入札を導入し、入札単価の調整を手動で行うことをやめ、機械学習のアルゴリズムに一任することを選びました。
自動入札を導入すれば、文字通り入札単価の調整が自動化されるため、その分の工数を削減することができます。
その上、同社は広告配信の規模が大きく、かつ長期間リスティング広告を出稿していたことで膨大なデータを保有していたため、機械学習がスムーズに進み、工数を削減しながらもコンバージョン数を34%増加させることに成功しました。
自動入札がうまく働くためには、実績としてデータを蓄積させることが必要不可欠なのですが、同社の場合は既にその条件を満たしていたおかげで自動入札が導入しやすい環境が整っていたことが成功の理由と考えられます。
手動から自動への切り替えがうまくいった典型的な事例と言えるでしょう。

Web事業のGoogle検索広告成功事例まとめ

Web事業では、工数削減、予算配分の最適化、成果の向上と、リスティング広告の運用一つ取っても様々な成功事例があります。
特に、自社で広告を運用している場合は最もネックになるのが運用にかかる工数でしょうから、DSAや自動入札といった、Google広告が持つ自動化機能を活用することは、事業全体にとって良い影響をもたらしてくれるはずです。
機械学習に任せきりにしてしまうことには不安を覚える方も多いかもしれませんが、実際にそれで成功を収めている事例が多くありますので、リスティング広告の運用を行う際には、ぜひこれらの成功事例を参考にしてみてください。

業界業種別Google検索広告成功事例【ECサイト2選】

ECサイトもweb上で取引が完了するため、Web広告と相性がいいです。特に検索広告は、ユーザーの「今欲しい、今知りたい」という強いニーズにアプローチするため、即購入に繋がる可能性があります。
様々な業種でEC化が進んでいるので、ぜひ参考にしてみてください。

ECサイトのGoogle検索広告成功事例①:アナログな集客からのシフト

1つ目は、電話やメールといったアナログな集客から、検索広告による集客へシフトしたことで、工数削減と売上向上に成功した事例です。
IT化の波が進んでいる昨今にあっても、業界によってはまだまだデジタル化が進んでおらず、電話やメール、FAXなどアナログな手段での集客が多く行われている現状があります。
飲食業界もその一つで、インターネットの利用環境が十分に整っておらず、飛び込み営業などの非効率な集客手段が当たり前となってしまっている部分があります。
しかし、スマートフォンの普及によって、業界に関係なくインターネットを利用しやすい世の中になってきたことを見逃さず、波に乗るようにWeb広告による集客を始めて成功した、八面六臂株式会社の事例をご紹介します。

同社は、インターネットの利用環境が整っていない飲食業界において、従業員がスマートフォンを持つようになったことに着目し、デジタルマーケティングの領域を開拓していきました。
「仕入れ」「業務用」など、飲食業界の従業員が検索しやすいキーワードを狙ってリスティング広告の配信を行ったほか、リスティング広告と同時に、バナー広告によるリターゲティング配信も行い、見込み顧客を逃さず獲得できる環境を整えていきました。
この目論みは見事に成功し、今では新規顧客の半数以上がGoogle広告経由で同社を知ったユーザーとなっており、顧客獲得単価の削減にも成功しました。
従来の非効率な集客から、Web広告による効率的な集客に切り替えることができたおかげで、浮いた時間や予算を社内制度の効率化に使うことができ、さらに事業が拡大していく好循環を実現することができています。
スマートフォンが普及したことで、Web広告でリーチできるユーザーの範囲は一気に拡大しました。今回の事例は、そのチャンスを見逃さずに、業界のスタンダードに反するWeb広告に挑戦したことが功を奏した事例と言えるでしょう。

ECサイトのGoogle検索広告成功事例②:検索広告とリターゲティングの組み合わせ

2つ目は、検索広告とリターゲティング広告の組み合わせによって、幅広い集客と売上増加を実現した事例です。
一般に、検索広告は、「検索する」というアクションを起こしているユーザーに対して配信されるため、ニーズが顕在化したユーザーを対象にしていると言われています。
しかし、ニーズが顕在化しているユーザーが検索しがちなキーワードというのはある程度偏ってしまうもので、結果として広告主の間で競争が発生し、費用対効果が悪くなってしまいます。
今回の事例は、ニーズが顕在化していない、潜在層にあたるユーザーを検索広告で幅広く集めた上で、ディスプレイ広告によるリターゲティングを組み合わせて、売上増加に成功した、マタニティウェアのECサイト「ココマミー」の成功事例です。

同社は当初、「妊婦」のような、検索ボリュームが多い、いわゆるビッグワードに対して広告を出稿していましたが、「妊婦」という単語だけではさまざまなニーズを持ったユーザーが混在してしまうことや、検索ボリュームが多すぎるあまりに他の広告主との競争が激しくなってしまうことを課題としていました。
そこで、広告配信の戦略を一新し、「妊婦 お腹 張る」のような、より具体的で検索ボリュームの少ない掛け合わせキーワードに着目しました。
掛け合わせキーワードは、1単語のキーワードと比べると当然検索ボリュームは少なくなりますので、自社サイトへの流入は減少してしまいますが、その分他の広告主との競争も少なくなります。
そして、掛け合わせキーワードは内容がより具体的になるため、そのユーザーがどんなニーズを持っているのかがよりわかりやすいというメリットがあります。
ただし、「妊婦 お腹 張る」で検索するユーザーがマタニティウェアを求めているとは限らず、むしろ他の理由で検索しているユーザーの方が多いでしょう。
そのため、マタニティウェアの顕在層とは言えず、どちらかというと潜在層にあたります。
こういった潜在層に対して検索広告を出稿することで、「ココマミー」というECサイトや、マタニティウェアという選択肢についての認知拡大を図ります。
その上で、ディスプレイ広告を使ったリターゲティング配信(一度自社サイトに訪問したユーザーに再度広告を配信すること)を行い、検索広告でマタニティウェアを知ったユーザーに対して、購買を後押しするような施策を打ちます。
この検索広告による認知獲得とディスプレイ広告によるリターゲティングの組み合わせによって、新規顧客の拡大を図りつつも売上増加を実現することができたのが、今回の成功事例です。
具体的には、この施策を始めたことで売上の約4割がGoogle広告経由での流入から発生するようになりました。
この事例は、検索広告を出稿するキーワード選びを工夫したことと、ディスプレイ広告によるリターゲティング配信を組み合わせたことで、激しい競争を避けながら売上を確保することに成功した事例と言えます。

ECサイトのGoogle検索広告成功事例まとめ

ECサイトは元々Web領域でのビジネスですから、当然Web広告との相性も良く、Web広告の出稿が盛んに行われている業界です。
しかし、裏を返せばそれだけ他の広告主の競合が多いということでもあるため、ECサイトのWeb広告出稿を成功させるためには、他の広告主と同じ戦略だけではなかなか難しく、競合と差をつける一工夫が何か必要になってきます。
今回紹介した2つの事例は、まさに競合との直接競争を避けるための工夫が成功した結果の事例と言えますので、ECサイトの集客にお悩みの方は、ぜひこのような成功事例を参考にして、Web広告を使ったオンライン集客の戦略を立ててみてください。

Google検索広告は成功事例に学ぼう

今回はGoogle検索広告について、店舗ビジネスで3つ、Web事業で3つ、ECサイトで2つの事例を紹介しました。

Google検索広告は機能が非常に多く、使いこなすには専門家的なスキルが必要ですし、すべてをマスターしようというのは多くの場合現実的ではありません。
そこでお勧めしたいのが、こうした成功事例から学び、自社でも使える機能に着目して活用することです。8つの企業がそれぞれがそれぞれの戦略、機能を活用して成果を上げました。
自社の場合はどれが活用できるでしょうか?

優れた成功事例を見つけて同じようにやってみる。
これがGoogle検索広告成功の近道です。