Webデザイン

【完全保存版】地味に役立つ! AdobeXDのおすすめプラグイン5選

【完全保存版】地味に役立つ! AdobeXDのおすすめプラグイン5選

ほぼ毎月のようにアップデートが行われているAdobe XD。
デフォルトでも機能追加がどんどん進んではいるのものの、こんなのあったらもっと便利だなと思ったりしちゃいます。
そこで今回はたくさんあるプラグインの中で、地味だけど非常に便利なものを厳選してご紹介します。

Rename it(レイヤー名を一括変換)

レイヤー名やアートボード、などを一括変換やナンバリングできるできるプラグイン。
複数のオプションを組み合わせることができるので、グループ名-レイヤー名などに変更することもできます。

・ナンバリングの追記
・WidthとHeightの追記
・オリジナルの名前に追記
・A〜Zの追記
・置換

ちなみにPhotoshopにも同様のプラグインがありますので、併せて使ってみてください。

Resize Artboard to Fit Content(コンテンツに応じてアートボードのサイズを調整)

Control + F をクリックで、アートボード内にあるをコンテンツ基準に、アートボードをピタッとリサイズできるプラグイン。
今までアートボードをドラッグして調整していたので、重宝しそうです。

Artboard Plus(アートボードを整列)

バラバラのアートボード自体を整列させたたり、並べ替えたりするのが簡単に出来ます。
Adobe MAX2018のセッションでも紹介されたプラグインです。

Mimic(該当サイトのデザイン情報を自動で抽出し、一覧化)

URLを入力するだけで該当のWebサイトからXDプロジェクトに色、フォント情報、画像情報を一覧化してくれるプラグインです。
気になるサイトの情報抽出や参考サイトのラフ案を作成スピードが上がるのでこれまた便利です。
※抽出した画像は著作権がありますので、そのままの使用は控えてください

Maps Generator(Googleマップを自動生成)

今までGoogleMapのキャプチャを撮って貼り付けていたのが、ウソみたい!
これ一つでGoogleMapの配置が行えます。

・地名、または緯度経度を入力するだけで取得できる
・マップタイプやズーム値を変えられる
・ロケーションピンの有無を選べる

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は地味だけど非常に便利なプラグインを厳選してご紹介させていただきました。
ほぼ毎月のようにアップデートされていますし、これから便利なプラグインもどんどん登場していくと思います。

XDはデフォルトでは必要最低限の機能で、追加したい機能は自分でプラグインを追加して使いやすくしていけます。

お気に入りのプラグインを見つけて、ぜひ試してみて下さい。