写真・イラスト

スマホ写真から卒業!デジタルカメラの特徴と一緒に買いたい機材・アクセサリー

【アート思考】写真・カメラ入門|初心者が1ランクアップするために【全10回】

【第1回】超入門!超重要!カメラの4つの露出モードを理解しよう
【第2回】写真のグレードが一段上がる! 9つの「写真の構図」テクニック
【第3回】写真の露出とは?シャッタースピード・絞り値・ISO感度のカメラの基礎知識
【第4回】カメラ初心者必見! 一眼レフカメラのレンズ(単焦点・ズーム)の種類や特徴を解説
【第5回】ネットで写真を使用する際に注意すべき!写真の著作権について
【第6回】【PC版】写真編集・加工ソフト(フォトレタッチ)人気おすすめ10選
【第7回】屋外(野外)で人物写真(ポートレート)を綺麗に撮影するテクニック紹介
【第8回】カメラ初心者必見!撮影スキルを上げるために覚えておきたいカメラ・写真用語集
【第9回】初心者でも綺麗な料理写真が撮れる!ライティング撮影基本テクニック紹介
【第10回】スマホ写真から卒業!デジタルカメラの特徴と一緒に買いたい機材・アクセサリー

これまで、全10回にわたって写真・カメラについての記事をお届けしてきました。
普段Grabを読んでいただいているWebマーケター、Web担当者の皆様にとっては少し新鮮な内容だったのではないでしょうか。

今回のテーマは、カメラを買う前に知っておきたいデジタルカメラの種類・特徴と、一緒に購入しておくと便利な撮影機材です。

カメラには、それぞれ違った機能、特徴があります。
より撮影を愉しむためにも、「欲しいカメラは本当に用途を満たしてくれるのか」「どんな機能があればもっと撮影が快適になるのか」を考えて、目的や条件に合う機能を搭載したカメラを見つけましょう。

これからカメラを買おうか迷っている初心者の方はもちろん、カメラ選びで失敗した経験のある方はぜひチェックしてみてください。

デジタルカメラの種類と特徴

スマホ写真を卒業してデジタルカメラで本格的な写真を撮りたい初心者向けにカメラの種類と特徴をご説明します。

コンパクトデジタルカメラ

コンパクトデジタルカメラは、旅行先での記念写真やスナップ写真などに最適なカメラです。

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラに比べお手頃な価格で、カメラ任せで高画質で綺麗な写真を撮ることができます。また、コンパクトデジタルカメラはお洒落なデザインで女性向けなものも多く、自分好みな外観のカメラを選べます。

タッチパネルで操作ができるものや、Wi-Fi対応で撮影後すぐにスマホに転送できるものも多く販売されているので初心者におすすめです。

 

    【こんな人におすすめ】

  • 旅行やお出かけ用にデジカメを買いたい人、お洒落で小さいバッグにも入るカメラを求めている人。

ミラーレス一眼カメラ

ミラーレス一眼カメラは、一眼レフカメラの内部にあるミラーを搭載していないので、持ち運びやすいコンパクトサイズを実現しています。

レンズの交換が可能で、短焦点レンズや望遠ズームレンズなどさまざまな種類のレンズを試せます。本格的な撮影機能も充実しているので、カメラの操作を楽しみたい方におすすめです。

    【こんな人におすすめ】

  • 液晶画面を見ながら撮影したい人、お財布に優しい本格カメラが欲しい人、使い勝手の良いカメラを探している初心者。

デジタル一眼レフカメラ

デジタル一眼レフカメラは、ボディが大きく階調豊かなグラデーションやボケ味を楽しめるところが特徴です。

高性能なオートフォーカスセンサー搭載により、ピント合わせが速く被写体を綺麗にとらえることができます。対応しているレンズの種類も豊富で、初心者からプロまで満足な撮影ができます。

    【こんな人におすすめ】

  • 仕事でカメラを使いたい人、海や山などアウトドアシーンでの撮影が多い人、いろいろなレンズを試したい人。

カメラを選ぶポイント

カメラを選ぶときのポイントをご紹介します。

画素数

画素数とは、画像を構成する画素の数のことをいいます。

画素数が多ければ多いほど良いというわけではありません。画素数はどれくらいのサイズまで拡大できるかが大切なので、ディスプレイで見る分には画素数が少なくても問題ありませんが、展示用にポスターや用紙にプリントする際は拡大したり縮小するので画素数が重視されます。

ですので、撮影した写真をプリントすることが多い方であれば画素数の多いカメラが最適ですが、スマホやタブレットのみで写真を見る方は画素数は多い必要はありません。

価格

お手頃なものから高価なものまで、カメラ製品の価格はさまざまです。

コンパクトデジタルカメラは一眼レフやミラーレスに比べコストは良いですが、機能性や画質を重視して選ぶのであればやはり高価なカメラの方がより美しい写真をうつすことができます。

カメラボディに加え、交換レンズや機材、その他のアクセサリーなど揃えなければならないものもあるので必要なものと予算を決めておきましょう。

携帯性

快適にカメラを持ち運びたい!そんな方は携帯性に優れたカメラを選びましょう。

本格的なカメラは重い・大きいという印象を持っている方もいるかもしれませんが、ミラーレスやコンパクトデジタルカメラであればコンパクトで軽量な製品が数多く販売されています。

小さなバッグにも楽々収納できるサイズのカメラもあるので、体への負担もなく移動が楽になります。

デザイン

近年ではオシャレなデザインのカメラが多く発売されており、外観を重視してカメラ選びをする方もいます。

特に、コンパクトデジタルカメラやミラーレス一眼カメラはカラーバリエーションも豊富で、カジュアルなファッションにもパーティースタイルにもマッチする工夫したデザインの製品があります。

女性向けにかわいいデザインのカメラを販売しているメーカーもあるので外観で選ぶ方は各メーカーのサイトもチェックしてみてください。

交換レンズ

いろいろなレンズを試してみたい方は、購入を検討しているカメラの対応レンズを確認しておく必要があります。

一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラはレンズを交換することが可能ですが、一眼レフに比べミラーレス一眼は交換レンズの種類が少ないです。

撮影シーンに合わせてレンズを交換したい、交換レンズをコレクションしたいという方は、レンズの種類が豊富な一眼レフカメラがおすすめです。

カメラと一緒に買いたい!便利な機材・アクセサリー

カメラと一緒に購入しておくと便利なカメラ機材、アクセサリー類をご紹介します。

SDカード

SDカードは、写真・動画データを保存するアイテムです。

用途に合った容量のカードを選ぶことはもちろん、カードにデータを保存するときの書込み速度や、パソコンにデータを転送するときの読取り速度も確認しておきましょう。

レンズ保護フィルター

レンズ保護フィルターは、レンズをぶつけてしまったり落としてしまったときにレンズを守ってくれるアイテムです。

レンズはガラスでできているので、傷や衝撃に弱く保護フィルターがないと損傷してしまいます。レンズ保護フィルターには水や油を弾くコーティングが施されているのでお手入れも楽ちんです。

カメラレンズは数万円する高価なものなので、修理や故障による買い替えでお金をかけないようにあらかじめ保護フィルターを装着しておきましょう。

三脚・一脚

三脚は、カメラを固定することで手軽に綺麗な写真を撮影できるアイテムです。

高さの調節も可能なのでローアングル・ハイアングルどちらにも対応しており、腕に負担がないところも魅力の一つです。

一脚は、地面に脚を固定させて安定した撮影を行うためのアイテムです。

軽量&コンパクトにより持ち運びが快適で、場所を取らないので人混みで撮影したい時やイベント行事などで活躍してくれます。

カメラバッグ

カメラやレンズ・機材を収納する際にカメラバッグがあると持ち運びが楽ちんです。

普段使い用のバッグにカメラを入れている人も多いですが、突然雨が降ったときに水がバッグ内に侵入してしまったり、何らかの衝撃によってカメラが故障してしまうというリスクがあります。

ですので、カメラや機材をしっかりと保護し、あらゆるトラブルにも対応できるカメラバッグがあると安心です。

クリーニングキット

カメラやレンズはお手入れが必要!そんなときにクリーニングキットがあれば綺麗な状態を保つことができます。

クリーニングキットにはレンズのホコリや汚れを取る「レンズペン」や、カメラに付着した汚れを除去する「ブラシ」などがセットになっています。一つずつカメラの掃除グッズを揃えるよりもお得で、クリーニングに必要なものが全て入っているので外出先でも自宅でも簡単にカメラのお手入れができます。

カメラ用防水カバー

川や海などの野外撮影や、雨の中での撮影にはカメラ用の防水カバーが必要です。

カメラ本体が防水に対応していれば必要ありませんが、防水対応していない場合ですと、繊細なカメラは故障してしまい、撮影したデータが消えてしまう可能性もあります。

もしものことを考えてカメラ用の防水カバーをあらかじめ用意しておきましょう。

まとめ

以上、失敗しないカメラの選び方やカメラの種類をご紹介しました。

カメラの特徴や機能性を知るだけで、撮る写真のクオリティも大きく変わります。

カメラを仕事にしたい人も、趣味で本格綺麗な写真を撮りたい方もぜひ参考にしてみてください。

当記事は「関西写真部SHARE」からの寄稿記事です

【関西写真部SHARE】
「楽しいことを生み出しみんなと分かち合う」をコンセプトに自由なアイディアと行動で、様々な企画を実行する団体。写真展や撮影会の開催、写真専門メディアの運営などを行っている。

【カメラマン】
小野友暉 プロフィールページ
鹿児島県出身。大阪在住の写真家。1992年11月20日生まれ。現在26歳。主に関西で活動する。女性のポートレートを中心に料理写真、スナップ写真、アート写真等様々な写真を撮る。関西写真部SHARE代表。カメラ以外にもWebを使ってマイクロビジネスを展開中。

【ライター】
かんばらふうこ プロフィールページ
兵庫県出身。1999年5月20日(19歳)。 高校三年生の秋にライターを始め、2018年1月に関西写真部SHAREの専属ライターになる。フォトグラファー・モデルに向けた記事の執筆から、企業のプロモーション記事の制作も行なっている。