Web制作

【日本語解説】スキルアップ間違いなし!Photoshop チュートリアルサイト5選

街中にある看板広告や雑誌、webサイトの制作等、あらゆるデザイン現場で使用されているPhotoshop。
「どうやって作っているんだろう?」と思ってしまうような素晴らしいデザインも、Photoshopを使ったものが数多くあります。

しかし、Photoshopのデザインテクニックや編集技術が学べるサイトはほとんどが英語サイトです。
そこで今回は、Photoshopが学べるチュートリアルサイトの中で、日本語で解説しているサイトを集めてみました。

基本的な操作方法を紹介するチュートリアルサイトから、プロ向けのデザインテクニック、写真編集を解説するものはもちろん、どんどん進化するPhotoshopの機能や便利な使い方が学べるサイトをご紹介します。
ぜひデザイン制作に取り入れて、スキルアップを目指してみてください。

中には基礎的なPhotoshopの使い方を順を追って学べるサイトもあるので、これからフォトショップをはじめる人にもオススメです。

【総合的】PhotoshopVIP

http://photoshopvip.net/tutorial

ほとんどの記事が日本語で書かれており、更新頻度も高く、最新のデザインに関するニュースやフォント、フリー素材等も紹介あります。チュートリアルだけでなく、デザイン制作の現場でも使えるサイトです。
チュートリアルの内容もしっかりと解説されているため、わかりやすくオススメです。
例えば、「Photoshopで人物を爆発させる写真加工エフェクトの作り方」という記事では、ゆがみフィルターやレイヤーマスクを活用して、人が爆発しているようなエフェクトの作り方を17のステップで教えてくれます。画像と操作方法の説明が非常に丁寧で、Photoshop初心者でもプロのような写真加工エフェクトを作ることができます。

デザインエフェクトだけでなく、Photoshopの便利な使い方も紹介していて作業効率アップにつながります!

【幻想的】pasonal

http://pasonal.com/photoshop-jp-tutorials/

日本語で解説されており、難易度や作業時間まで書かれているので、取っつき易い印象です。
見本用PSDファイルもダウンロードできるので、レイヤー構造も知ることができます。見本に使われている写真やイラスト素材もダウンロードでき、手順に沿って作成するので難しそうな表現も理解できます。
また、紹介されているチュートリアルも素晴らしいデザインで、どうやって表現されているか不思議なものばかりです。初心者はもちろん、プロのデザイナーでもレイヤーやエフェクトの新しい使い方に気づかされ、スキルアップ間違いなしです!

【写真編集】xico(ヒーコ)

https://xico.media/category/tutorials/

コントラストの調整やレタッチなどを用いて、写真を魅力的にする。やはりPhotoshopの醍醐味は写真編集にあります。
xico(ヒーコ)は写真編集に特化した日本語チュートリアルサイトです。
写真に不要なものが映り込んだときに消す方法や、写真の色味の調整等before・afterが分かりやすく解説されています。
lightroomについても書かれており、プロのレタッチが学べます。

【初心者】Adobe

https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/tutorials.html

初心者が新たにPhotoshopを始める場合、Adobe公式に掲載されているチュートリアルがお勧めです。
写真編やデザイン編などのカテゴリ、難易度別にも分類されています。
動画解説付きで、見本用のPSDファイルもダウンロードできるので、初心者が基礎を学ぶには最適です。
写真に写った猫の表情を笑顔に変えるチュートリアル等面白い記事もたくさんあります。

【多数掲載】スリームデザイン

https://threem-design.com/category/web-design/photoshop/

写真加工だけでなく、GIFアニメの作り方といった、幅広い視野でのPhotoshopチュートリアルが多数掲載されています。
中には動画解説の記事もあり、初心者からプロのデザイナーまで幅広い方の役に立ちます。
特に初心者の方がスリームデザインで学ぶと「Photoshopでこんなこともできたんだ!」と驚くでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、日本語で解説されているPhotoshopチュートリアルサイトを5つご紹介しました。
こういったPhotoshopチュートリアルを続けることで、作業効率も向上し、デザイン表現の幅も広がると思います。

最近は低価格で利用できるAdobeのCREATIVE CLOUDが普及してきたことで、趣味でPhotoshopを使ってみたいという方も増えてきています。
紹介したチュートリアルサイトで学べば、デザイナーではない多くの人もPhotoshopで魅力的なデザインが作れるようになると思います。

お気に入りのチュートリアルサイトを見つけて、ぜひ試してみて下さい。