広告配信に重要なのはクリエイティブ!競合を調査して勝てるバナーを作ろう!

7a8733e2aaa3cc5e966e21755bc59ea1a710a057
広告配信に重要なのはクリエイティブ!競合を調査して勝てるバナーを作ろう!

広告バナーを作成する際、他社と差別化を図ったりデザインを参考にしたりするための競合調査は必要不可欠な作業です。そこで広告配信における重要な要素や、競合他社のバナーの調査方法、広告を配信した成果をチェックする方法を紹介します。

広告配信はターゲティングだけじゃない

広告配信において重要なポイントと広告を作成するための簡単なコツを紹介します。これから広告配信を行う場合も、現在配信している広告を見直す場合も、ポイントを押さえて作成しましょう。

広告配信はクリエイティブが占める割合が大きい

広告配信は、ターゲティングクリエイティブのパートに分かれます。広告配信の基礎であるターゲティングを重要視してしまいがちですが、実はクリエイティブ要素も重要です。クリエイティブとは、広告文とキーワードが「一緒になっているもの」といえます。

クリエイティブには、ユーザーの意図とニーズが含めましょう。ユーザーの意図とマッチさせることによりクリック数をあげられます。クリック数を上げることによってランディングページにアクセスする数が増え、コンバージョンの上昇や広告のパフォーマンス上昇につながります。そのため、広告配信は基本的なターゲティングのみでなく、クリエイティブ要素も重視しましょう。

広告は一目見て内容が分かるもの、見たことがないデザイン、面白味など、見た人によって魅力を感じるポイントには違いがあります。しかし、一目見るだけでサービスや商品の良さを伝えられる広告は多くの人の目に魅力的に映るでしょう。つまり広告は多くの人が目を引くような高品質なものを作ることで、効果を発揮できるのです。確実に効果を得るためにも、広告クリエイティブにこだわりを持つことが重要だといえます。

広告クリエイティブは工夫すれば作ることが可能

広告クリエイティブは、賞をとるような有名なコマーシャルをイメージする人も多いのではないでしょうか。洗練されていて印象に残る広告を作るためには、スキルやセンスが必要でしょう。しかし成果を上げるために作る広告に才能やセンスは不要であり、テクニックを理解していれば作ることは可能です。成果を得られる広告クリエイティブにおいて重要なこととして、ベネフィットを設定することが挙げられます。広告でサービスや商品をアピールする際には、必ず目的やターゲットが存在するため、ターゲティングを基にベネフィットを設定し、広告クリエイティブを作りましょう。

競合他社のバナーを調査する方法

競合調査をする際には、どのような方法があるのか効率的な手順について紹介します。しっかりと手順を踏んで競合調査をすることによって、魅力的な広告を配信することにつながるでしょう。

競合調査をする前の準備

広告バナーで新商品やサービスなど競合他社の動向を理解することは、マーケティング業務のひとつともいえるでしょう。広告バナーを作成する際に競合調査を実施する場合、ツールを使用して費用をかけず自社でリサーチする、リサーチを専門業者に依頼する、調査の代行を低価格で外注するといった方法が挙げられます。目的別にどの方法で調査を行うのが最適なのか、また費用面だけを見てもどの程度の予算を設定できるのかは企業ごとに異なることが特徴です。無料ツールでリサーチすれば良いという場合や、数十万円といった費用をかけてしっかりと競合他社の調査をしなければならないする場合もあります。そのため、競合調査の方法や予算などを明確にすることから始めましょう。

競合他社のバナーを調査する目的を明確にする

競合他社のバナーを調査する前に、なぜ競合調査を行うのか、どのような情報を得たいのか、得た情報をどのように利用したいのかを明確にすることが大切です。

例えば「新しいサービスを検討しているが競合他社でどのようなサービスを提供しているのか」「競合他社で同じようなサービスが存在するか」「存在する場合にはどのような価格が内容なのかを確認したい」というケースが挙げられます。

競合他社のバナーを調査する目的や結果を基に、「自社サービスのオリジナリティを検討する」「競合他社のサービスの価格を参考に価格を決める」など、目標を設定しましょう。競合調査でどのような情報を得たいのか、どのようにリサーチするべきかを逆算することがポイントです。

競合他社のバナーの検索方法

競合他社の広告を見つけるためには、キーワードを明確にする必要があります。ユーザー目線でキーワード検索することによって、キーワードに沿ったインターネットサイトやコンテンツを探すことが可能です。狙うキーワードを明確にした後、キーワードでウェブサイトを検索してみましょう。

リターゲッティング広告をチェックする

リターゲティング広告とは、ユーザーがAサイトからBサイトに移動した際に広告を表示するものです。リターゲティングは自社サイトを訪問しなければ配信できない広告とは違い、競合他社のサイトにアクセスすればターゲティングできます。

無料/有料バナーサイトを参考にする

競合他社のリターゲティング広告をチェックするよりも効率良く、多くの広告をリサーチできるのがバナーサイトです。

しかし、企業名は特定できないケースが一般的であり、徹底した競合調査ではなく広告バナーを参考にしたい場合に有効だといえるでしょう。

バナーサイトの種類としては、テイスト、業種、サイズで検索できるものや、バナーに使用されているカラーパレットを確認できるものなどが挙げられます。パレットのファイルをダウンロードできるもの、バナー広告に関するコンテンツページがあるサイトも多いです。広告の容量やサイズ、形式となどを参考にしたい場合に便利なサイトもチェックしてみましょう。

広告クリエイティブの成果を見極めよう

ABテストとは2種類のウェブページを作成し、ユーザーに公開して成果を比較する方法です。ウェブページのレイアウトやデザイン、サイト内のリンクなどを効率的に最低帰化するためのテストでもあります。広告クリエイティブの成果を見極める方法としては、期間を決めてABテストを実施すると良いでしょう。ABテストの実施方法と、成果を見極めるためのポイントを解説します。

効果的なABテストのやり方

ABテストを繰り返すことによって、広告クリエイティブの成果をよりしっかり見極めることにつながるでしょう。広告クリエイティブのほか、ボタンやウェブページのテストでも行われる方法です。ABテストを行う際のポイントとしては、2種類の広告クリエイティブの違いを明確にすることや、長期的に行い常に改善をすることが挙げられます。なお広告のテイストが大きく異なると、ABテストを行った結果を見てもどのようなポイントが成果に影響するのかを判断しにくいため注意が必要です。そのため印象的なデザインに変える、テキストを変更するなど部分的に変更しながらABテストを行いましょう。

ABテストの期間の検討方法

ABテストを行う期間は、自社サービスや製品ごとに調整することがポイントです。

例えば不動産サイトの場合は土日にコンバージョンが多く、平日は減少傾向にあります。土日に家族で話し合い、問い合わせをするケースが多いためです。つまり、平日のみにABテストを行っても結果の信憑性がないといえます。

一方、緊急性が高い水回りのトラブルに関するサイトの場合、コンバージョンは曜日を問わず分散するでしょう。このように自社サービスの特性を理解して、ユーザーの動向を把握したうえで期間を定めることが重要です。

なお多くの場合は平日と週末で動向が異なるため、最低でも1週間の期間を定める必要があります。

ABテストでは改善を繰り返すことが大切

ABテストは1度だけではなく期間を定めて何度も改善をしなければなりません。ユーザーの興味の移り変わりは早いものですが、継続してABテストを実施することによって、スピーディーにユーザーの興味の変化に対応できることもメリットです。

まとめ

広告配信をする際にはターゲティングやクリエイティブできるかどうかが重要です。しかし、どれほど魅力的な広告でも、ユーザーのベネフィットに適していなければ意味がありません。競合他社の広告を調査したうえで、ユーザーの意図やニーズにマッチする広告を配信しましょう。